CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ 未分類

アストンマーティン・ブルドッグがひっそり復活中

投稿日:

アストンマーティン・ブルドッグというクルマをご存じでしょうか?ワイド&ローなプロポーションで角ばったスタイルは・・・、まるでテスラのサイバートラック。うーん、見れば見るほどサイバートラックに見えてきます(笑)。

車名の「ブルドッグ」は犬ではなく、当時のアストンマーティン社長だったアカン・カーティス氏がかつて操縦していた、スコットランドの戦闘機が由来。1979年にお目見えし、最高速度200マイル(320㎞/h)を目指した、正真正銘の「スーパーカー」でした。あの頃は言ったもん勝ちだったような気がしてなりませんが・・・。

5.3lV8エンジンにはギャレット製ターボチャージャーが2つ装着され、最高出力はなんと608ps!ベンチテストでは、エンジンの最高出力を710psまで引き上げても問題なかったそうです。っで理論上、最高速度237マイル(381㎞/h)に達するとアストンマーティンは発表していましたけれども、1979年に行われたテストでは192マイル(307㎞/h)が限界だったそうです。

残っているものですねぇ・・・。ブルドッグ発表時、デザインを手掛けた、ウィリアム・タウンズにインタビューした動画がありましたよ!

いやぁ・・、307㎞/hも出たことに感心しますし、ドライバーは相当な命知らずとしか思えません。フロントバンパー下の形状、本当にダウンフォースを生むんですかね?あっ、ちなみにこのデザインでのCd値は0.34ですって。

そんなブルドッグですが、カーティス社長の後任、ヴィクター・ゴーントレット社長によって販売計画は白紙撤回されました。25台くらいの販売を見込んでいたようですが、コストがかかり過ぎるから・・・、って、そんな計算、事前に綿密にするもんじゃないの?あー、だから、アストンマーティンは何度もひん死の危機に・・・。

っで、生産された唯一のブルドッグは、1984年に中東のコレクターに13万ポンド(当時)で売却されたそうです。そのコレクターによって両サイドにサイドミラー、リアカメラが装着されたそうです。

以後、アメリカのコレクターの手に渡り、いつしか外装色が塗り替えられ、内装の本革も張り替えられたそうです。

っで、2020年、ブルドッグ復活プロジェクトが立ち上がりました。計画したのは・・・、ブルドッグの販売計画を白紙撤回したゴーントレット元社長の息子、リチャード。なんかイギリスらしい、というか皮肉っぽいですよね。

ということで、またアメリカの別なコレクターにブルドッグを購入してもらい、現在、イギリスのクラシック・モーターカーズでレストア中だそうです。まずはオリジナルの状態に戻し、当初の目標であった、最高速度200マイル(320㎞/h)を達成させる、とのことです。

クラシック・モーターカーズのFacebookページより

クラシック・モーターカーズのFacebookページではレストア模様がちょくちょくアップされているようなので、要チェックです!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ, 未分類
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

セルビアでのひとコマがテレビCMのよう

旧型シトロンC5なんですが、反対車線を走行しています。 はい、泥酔状態で中年男性が運転していました。 とにかくUターンさせて逆走状態をやめさせようと、警官は説き伏せます。 っで、素直に従ったように思え …

no image

フィアット500ディーゼルはオシャレCMだらけ

ディーゼルはディーゼルでも、燃料ではなくファッションブランドの「ディーゼル」です。 っで、CM動画があまりにオシャレなんでご紹介しようと思いました。 時代を反映しているようで、FacebookやMix …

ジャック・ナッサーが絶賛自宅整理中

フォード・オーストラリアでインターンから現地法人の社長に上り詰めた、ジャック・ナッサー。1999年1月からは本家、フォード・モーター・カンパニーのCEOの座に就きました。レバノン出身のジャック・ナッサ …

ブガッティ・ヴェイロン、1億以下で出品中!

アメリカのebayに出品されている、ブガッティ・ヴェイロン。 即決価格、99万7000ドル(日本円で9000万ほど)だそうです。 走行距離1万マイル強、約1万8000kmほどです。 奇遇にも湖に突っ込 …

世界で一番恥かいたポルシェドライバー?!

サンフランシスコでの出来事のようです。なぜ、舗装したばかりの道に突っ込んだのかはナゾですが・・・、あまりに恥ずかし過ぎます。恐らく、ポルシェを運転して最悪な一日、って記憶になるでしょうねぇ。まさかカレ …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー