CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ニューヨークでホンダシビックの葬式?!

投稿日:

honda6n-1-web.jpg
New York Daily Newsで取り上げられていたのは、1982年式ホンダシビック(2代目)の葬式です。「下の階に住んでた男の子が青いシビックを見て”ブルィ”って呼んでから、ずっとそう呼んでたよ」と答えたのはハリー・エトリン氏。
購入してすぐ、フレームが歪むほどの追突事故に遭遇。1992年にはワシントンハイツの暴動に遭遇して、ブルィはひっくり返されて暴徒の餌食に。それでも乗り続けて、今日に至ったそうです。まぁ、ニューヨークは駐車代が高いですし、もうブルィのボディは錆だらけ。いつ床が抜けてもオカシクありません。
「これほど信頼できる友達はいないよ」とエトリン氏。ちょっと重みのある言葉です(笑)。人間は裏切り、嫉妬、色々あるものですが・・・、シビックは裏切らなかったようです。30年、共に人生を歩んできたら、そりゃ愛着も湧きますよね。30年でメーターは17万マイルを刻み、様々な思い出を一緒に作ったんでしょう。


エトリン氏、新しい車を買うまでには、心の整理がつくまで時間を置くそうです(笑)。愛ですねぇ、愛っ!
もっと写真を見るにはコチラ
Our View
A funeral was held in New York for Harry Ettling’s 1982 Honda Civic, affectionately known as Bluey. The Civic, which covered 170,000 miles in 30 years, has endured a lot of hardship. Right after Bluey was purchased, Bluey was in a crash that rendered him totalled. But Ettling got Bluey repaired and kept on driving. Ten years later, Bluey was flipped during the Washington Heights riots of 1992.
When Ettling became nervous that his feet might go through the rusted floor of the car, he decided to make Bluey an organ doner and send him off to the junkyard. But boy was it sent off in style.
Head over to New York Daily News for more stories and photos!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サマーソルト駐車する日産Z?

ドリフト駐車なら聞いたことありましたけど、サマーソルト駐車なんて・・・、奇跡です(笑)。 何が凄いって、ドライバーは無傷でクルマの心配をする余裕があるんです。 一瞬、ポルシェ911のようにも見えますけ …

no image

振動がほとんどないレクサスLS460

レクサスLS400(日本名トヨタ・セルシオ)が登場した際のテレビCMです。 「230km/h相当で走っても、揺るがすものは何もない」というキャッチコピー。 シャンパンタワーをボンネットに組み立て、シャ …

アストンマーティンに「カーボンブラック」追加予定

世界不況でちょっと静かになったように感じられる、アストンマーティン。 久々にニュースです。はい、カーボンブラック仕上げのモデルが投入されます。 V12ヴァンテージとDBSに設定され、カーボンブラック塗 …

記念切手

こんな切手がイタリアで販売されるそうです。 切手はランボルギーニの小冊子とともに販売されるとか。 カッコいい! この切手でイタリアから手紙を送って欲しい! 以上です。

AMEXセンチュリオン保有者から見るケチぶり?

いわゆるブラックカードの先駆者こそが、アメリカン・エクスプレスが発行する、 「センチュリオン」カード。選ばれた人しか保有できず、限度額は無制限。 アメリカにおけるセンチュリオン保有者の平均資産は163 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー