CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ニューヨークでホンダシビックの葬式?!

投稿日:

honda6n-1-web.jpg
New York Daily Newsで取り上げられていたのは、1982年式ホンダシビック(2代目)の葬式です。「下の階に住んでた男の子が青いシビックを見て”ブルィ”って呼んでから、ずっとそう呼んでたよ」と答えたのはハリー・エトリン氏。
購入してすぐ、フレームが歪むほどの追突事故に遭遇。1992年にはワシントンハイツの暴動に遭遇して、ブルィはひっくり返されて暴徒の餌食に。それでも乗り続けて、今日に至ったそうです。まぁ、ニューヨークは駐車代が高いですし、もうブルィのボディは錆だらけ。いつ床が抜けてもオカシクありません。
「これほど信頼できる友達はいないよ」とエトリン氏。ちょっと重みのある言葉です(笑)。人間は裏切り、嫉妬、色々あるものですが・・・、シビックは裏切らなかったようです。30年、共に人生を歩んできたら、そりゃ愛着も湧きますよね。30年でメーターは17万マイルを刻み、様々な思い出を一緒に作ったんでしょう。


エトリン氏、新しい車を買うまでには、心の整理がつくまで時間を置くそうです(笑)。愛ですねぇ、愛っ!
もっと写真を見るにはコチラ
Our View
A funeral was held in New York for Harry Ettling’s 1982 Honda Civic, affectionately known as Bluey. The Civic, which covered 170,000 miles in 30 years, has endured a lot of hardship. Right after Bluey was purchased, Bluey was in a crash that rendered him totalled. But Ettling got Bluey repaired and kept on driving. Ten years later, Bluey was flipped during the Washington Heights riots of 1992.
When Ettling became nervous that his feet might go through the rusted floor of the car, he decided to make Bluey an organ doner and send him off to the junkyard. But boy was it sent off in style.
Head over to New York Daily News for more stories and photos!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

no image

インドもアメリカ化?欧米化?欧米か!

スバルフォレスターは、一時期GMにOEM供給されていたそうです。 例えばインドでは、シボレーフォレスターとして販売されていたそうです。 そのインドで大事件です。 ボンベイ市内が大雨に見舞われ、約30c …

ロータスの新しいエンジン

OMINIVOREは英語で雑食(肉も野菜も食べる)動物を意味します。 そんな名前が与えられた2ストロークエンジンがロータスから登場しました。 ガソリン、アルコール(エタノール)のどっちでも動きます、と …

エリック・クラプトンがフェラーリ社を訪れたワケ

世界的ミュージシャン、エリック・クラプトンが最近、フェラーリ本社を訪れたようです。 (リンク先要チェック!あまりに老けた姿に・・・驚きました。渋谷に居るそうですよ、たまに) 以下、想像。 クラプトン …

アストンマーティンさんへ怒り爆発中

ご存じ、アストンマーティン・サイグネット(一般的にはシグネットと呼ぶ)です。 トヨタのスーパーコンパクトカー、IQをベースに内外装をイジッた車です。 コンパクトモデルの追加は、CO2削減というジェスチ …

ロールスロイスでサーキット走行?!

いわずもながロールスロイスは世界を代表する、超高級車ブランドです。まさか、サーキットを走ることなんざないでしょう、というわけでサーキット走行動画をアップした人が居るようです。 いやぁ・・・、器の小さい …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー