CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

高級カーシェアリング会社の破綻原因

投稿日:2012年1月5日 更新日:

アメリカでもてはやされてきた高級車シェアリング会社、HiGearが操業を停止するようです。新旧の高級車をレンタルすることができ、アメリカではそこそこの人気を得ていたようです。サンフランシスコがベースでロサンジェルスまで拡大、ポートランド、サンディエゴへの事業拡大も目論んでいた最中でした。

「1台のクルマに5年乗るなんてつまらない!」とは社長の言葉です。
ユニークだったのはP to P方式を採用していたことです。要はHiGearが直接所有する車両はなく、個人オーナーが車両を使っていない時間に貸し出す、というものです。アイドル時間の有効活用、ってやつです。最近は店舗運営にも用いられていますね。このビジネスモデル自体、イギリスのほうが早かったですし自動車王国ではいち早く取り上げていました!我ながらよくぞ覚えていました(笑)。
車両リストを開くと・・・、一日あたりのレンタル料金はもちろん、一日の走行距離制限、車両オーナー名までもご丁寧に記載されています。っで、HiGearなんですが設立から半年で5000名の会員を、300台の高級車を貸し出しリストに集めたそうです。ところが先月、4台の車両が盗難に遭ってしまったようです。はい、窃盗団による仕業のようです。
gallard.jpg
発見されたクルマもあれば、車両保険支払手続き中のものもあるとか。1000ドルの保証金受け入れ、運転免許証のチェック、過去の違反歴チェックなどは行っていたんですが、それでも不十分だったようです。今の時代、GPSを設置することなんて容易いことだと思いますけどねぇ・・・。貸出作業が車両オーナーVSカーシェアユーザーという効率的な点が、仇になったっぽいです。
恐らく今後も同様の車両盗難を防げないという会社側の判断、そして保険会社による引き受け停止なんかもあったんでしょう。あえなくP to Pカーシェア事業撤退と相成りました。今の時代、GPS、ドライブレコーダー、もしくは新しいモニタリングサービスがあってもよさそうですけどねっ。例えば加速G、減速Gが設定値を超えると電話連絡が行くとか・・・、最悪はリモートアクセスでエンジンを停止させてしまうとか…。そういえば、某輸入車メーカーの地下駐車場にはリース料金不払い車両で引き揚げられたモノがチラホラ停まっています。引き揚げ業者のノウハウを生かせば・・・。ふむっ、新商売の香り(笑)。
個人に車両オーナーになってもらい、レンタカー会社が借り受け・・・、ってだけでも新しい金融商品になるなぁ・・・・。メモメモ。
Our View
San Francisco-based luxury car sharing company, HiGear, is closing down not because of bad sales but due to unexpected circumstances. After repeated thefts made its owners realize that they couldn’t prevent criminals with falsified credentials from stealing the cars! Unlike other peer-to-peer car sharing networks, HiGear, focused only on high-end models and classics.
Although it did run background checks on members, checking their driving licenses and records, this did not prove enough to prevent a criminal ring from stealing four vehicles with a total value of US$300,000. All vehicles were insured and some were recovered by the police. But the incident made HiGear think twice about their business.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

no image

不景気だっていうのに・・・

New York 2008: Saleen unveils the S5S Raptor サリーンS5Sラプターは、エタノール燃料仕様車。 約1億8500万円だそうです・・・。 本当に登場させることが …

no image

女優が新型ジャガーXKのデザインモチーフ

日本での売れ行きはイマイチのジャガー。 それでもごく一部のお金持ちには、愛され続けている。 なかでもパーソナル感と高級感を兼ね備えた、クーペ/コンバーチブルであるXKシリーズは問答無用に美しい。躍動感 …

ランボルギーニの生産台数は正確か?

あいたたたたた、な写真とリンクでスイマセン。 ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4SVは350台限定、と発表されていました。 でも、どーやら本当のところは351台だったのかも、と疑われたのが次の …

有名チューナー、南アフリカで消息不明に

この人、誰だがわかる人は、かなりのマニアだと思います。 でも、この車を見れば、ちょっとはヒントになるでしょう。 彼の名前はウーヴェ・ゲンバラ。 ポルシェのチューナーとして名を馳せている、あの「ゲンバラ …

no image

スマート・・・改造すると

ヨーロッパのお金持ちは、スマートに隼(バイク)のエンジンを積み換えるそうです。 1340ccのエンジンは、最高出力197馬力。スマートには十分過ぎます。 動画のスマートが隼エンジン搭載か否かはわかりま …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー