CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ 覚悟はいい?

マスタングV6モデル・リミッターの存在理由

投稿日:


2011年、フォード・マスタングV6モデルって、最高出力305psの3.7lエンジンを積んでいるんですが米国燃費基準で30mpg(日本流で換算すると12km/lくらい)を達成しているんですって。エンジンの効率化だけでは足りず、色んなものの軽量化を図っているんだとか・・・。軽量化を図る、ということは強度を低めることにもつながりかねません。
mustang_engine.jpg
マスタングV6モデルはパフォーマンスよりも燃費を追及しているので、179.2km/hでリミッターが作動するんですって。各種パーツの軽量化による、強度不足を補うため?ごめんなさい、ボク日本で乗ったことがないので・・・、あくまで伝聞です。
まぁ、そりゃリミッターカットする人も出ますわ。だって305psって・・・、悪い数値じゃないですもんね。でもでも・・・、200km/hを超えて加速し続けるとドライブシャフトが速度に耐えられず粉砕・・・、したのではないかと話題を呼んでいます。

いやぁ、ドライバーに怪我はなかったそうですが、かなり危険です。トランスミッション突き破ってパーツが車内に飛散していますから。ちょっと国産中古車を買ってリミッターカットすることを計画していましたが・・・、なんとなく・・・、怖くなってしまいました(笑)。
Our View
The video above shows the potential consequences of exceeding a manufacturer’s design specification. In the case of the Mustang V-6, the car is limited to 179.2km/h since its lightweight drive shaft is designed more for fuel economy than outright performance. The drive shaft will eventually explode, sending shrapnel up through the transmission tunnel and into the passenger compartment.
The driver of the Mustang in the video is lucky to be alive and uninjured…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ, 覚悟はいい?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーストラリアン・ジョークはキツいねぇ

オーストラリアでルームシェアをしている2人の男性が、お互いにしたイタズラをビデオに撮りYouTubeにアップしているようです。YouTubeアカウントはAustralian Prank(オーストラリア …

新型トヨタプリウスの画像が流出!

これが次世代トヨタプリウスだそうです。 スペック等は一切公表されていません。 リチウムイオン電池搭載の件も、どうなっているのか不明です。 プラグインハイブリッドになっていたら、個人的には魅力を感じます …

アメリカにおけるトヨタの新たな火種・・・

アメリカのコンシューマーレポート(消費者団体のレポート)が発表したところによると、 レクサスGX(日本で言うところのトヨタ・ランドクルーザープラド)は「買うべきでないリスト」に掲載。 緊急回避を想定し …

no image

ジャパニーズターボカーバトル

海外で最も人気ある日本の動画って、これです。 「オプションビデオ」から火がつき、ドリキンは超有名人ですもん。 もちろん、D1グランプリの影響もあるんでしょうけどね。 というわけで、最新ビデオがYOU …

MITが電池技術を根本から変えるみたいです

日産リーフの話題なんですが日産がJAFと組んでガス欠ならぬ、電欠レスキュー隊を発足。 万が一、リーフの充電が切れてしまった場合、最寄りのディーラーまで走れるよう40km走行分、 充電をするんだそうです …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー