CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ 覚悟はいい?

マスタングV6モデル・リミッターの存在理由

投稿日:


2011年、フォード・マスタングV6モデルって、最高出力305psの3.7lエンジンを積んでいるんですが米国燃費基準で30mpg(日本流で換算すると12km/lくらい)を達成しているんですって。エンジンの効率化だけでは足りず、色んなものの軽量化を図っているんだとか・・・。軽量化を図る、ということは強度を低めることにもつながりかねません。
mustang_engine.jpg
マスタングV6モデルはパフォーマンスよりも燃費を追及しているので、179.2km/hでリミッターが作動するんですって。各種パーツの軽量化による、強度不足を補うため?ごめんなさい、ボク日本で乗ったことがないので・・・、あくまで伝聞です。
まぁ、そりゃリミッターカットする人も出ますわ。だって305psって・・・、悪い数値じゃないですもんね。でもでも・・・、200km/hを超えて加速し続けるとドライブシャフトが速度に耐えられず粉砕・・・、したのではないかと話題を呼んでいます。

いやぁ、ドライバーに怪我はなかったそうですが、かなり危険です。トランスミッション突き破ってパーツが車内に飛散していますから。ちょっと国産中古車を買ってリミッターカットすることを計画していましたが・・・、なんとなく・・・、怖くなってしまいました(笑)。
Our View
The video above shows the potential consequences of exceeding a manufacturer’s design specification. In the case of the Mustang V-6, the car is limited to 179.2km/h since its lightweight drive shaft is designed more for fuel economy than outright performance. The drive shaft will eventually explode, sending shrapnel up through the transmission tunnel and into the passenger compartment.
The driver of the Mustang in the video is lucky to be alive and uninjured…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ, 覚悟はいい?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トヨタが抱える新たな悩み?!

アメリカで2007年以降、販売されたカムリ、RAV4、ソラーラ、合計約83万台が車両火災の恐れあり、とNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)による調査が開始されたようです。 はい、暴走問題とは別です。 …

BMW好きのエグゼクティブ通勤用に

日本に導入されるか否か、スイマセン分かりません。 BMW Mブランドの自転車が投入予定です。 アンスラサイトグレーのフレームにMエンブレム、なかなかカッコいいです。 ちょっと恥ずかしい気もしないでもな …

ポルシェ911のMTは天然記念物?!

名だたるスーパーカー、スポーツカーがMTを捨て始めています。 簡単に言ってしまえばAT(セミAT含む)の性能が進歩したから・・・、ですよね。 フェラーリ、ランボルギーニはこっそりMTを絶滅させています …

1000馬力のキャデラック・エスカレード

誰が何のために・・・、と聞くのは野暮です(笑)。 面白いでしょ、1000馬力のキャデラック・エスカレード! アメリカ人っぽいユーモア、と解釈しても間違いではないと思います。 ちょっと成金っぽいですけど …

電気自動車が抱える難点はリセールバリュー?

「電気自動車の下取り価格は5年で新車時価格の1割」との衝撃の予測を イギリスの中古車相場ガイドブック(創刊から75年!)、Glass’s Guideが発表しました。 日本でも当てはまるのか …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー