CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ピンツガウアーに初めてお目にかかりました!

投稿日:

IMG_8900_R.JPG
この写真を見て「ピンツガウアーじゃん!」と言える人は相当な通ですね。
恥ずかしながら・・・、ボクは初めてお目にかかりました。
なんとなくM・ベンツGクラスっぽいドアだなぁ、と感じた次第です。
IMG_8908_R.JPG
ピンツガウアーという車・・・、只者ではありません。写真のものは4WDですが、6WDも
フツーに存在するそうです。っで、誰が何のために作ったのか、ですって?
「シュタイヤー・ダイムラー・プフ」が製造していた、軍用メインの多目的装甲車なんです。
ごっついドライブシャフトを見れば、なんとなく頷けることでしょう。
IMG_8906_R.JPG
この会社、M・ベンツGクラスの製造を手がける会社でもありますっ。
第一印象って・・・、意外に当たるもんですね(笑)。
IMG_8903_R.JPG
1969年にプロトタイプが登場し、1971年に生産を開始したそうです。
軍用車として採用している国はオーストリア、スイス、イギリス、サウジアラビア、タイ、
アルバニア、オリビアなど。タフなだけでなく、整備性に富んでいることで有名なんですって。
牽引能力は舗装路で5トン、オフロードで1.5トン。満タン時の航続距離は400kmで、
オプションの125lタンクで700kmだそうです。
IMG_8901_R.JPG
チョロっと乗せてもらった、ピンツガウアーはディーゼルターボ+4速ATでしたので後期型です。
恐らく90年代でしょうか?排気量、すいません分かりません。速い・・・、わけありません。
オフロードをガンガンどこまでも走るための車ですから。4輪独立懸架式サスペンション、
もうオフロードでは威力を発揮しそうな雰囲気たっぷりでした。
IMG_8904_R.JPG
2000年にピンツガウアーの権利は、シュタイヤー・ダイムラー・プフを買収したマグナ社に
よってオートモーティブ・テクニック社(イギリス)へ売却。2005年にスチュワート&
スティーブンソン・サービス社(イギリス)、2006年にアーマー・ホールディングスの
子会社になり、2007年にはアーマー・ホールディングスがBAE社(イギリスの戦闘機メーカー)に
買収された、という複雑な流れになっています。ピンツガウアーの後継車開発はイギリスで
行われ、南アフリカにあるBAE社の子会社、ベノーニ社(南アフリカ)での生産を検討した
ようですが、実現には至っていません。
IMG_8907_R.JPG
この車、映画「マイティソー」に登場しましたね。
映画に登場した車ばかりを収めた、那須のPSガレージで展示されるかもしれません。
なんせ、那須のPSガレージを取材した際、駐車場で出会した車ですから。
Our View
This was my first encounter with Pinzgauer.
I never knew of this car before but immediately fell in love.
Here are some photos. Enjoy!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

M・ベンツCクラス間もなくマイナーチェンジ?

ドイツの自動車雑誌、AUTOBILDがスクープしてきたネタです。 「流出」が世間を賑わせているなか、M・ベンツCクラスのカタログ・データらしきものが。 真偽のほどは定かではない、とは言うものの・・・、 …

古き良きベントレーを味わえる新型車?!

南アフリカ、自動車開発(公道テスト走行)に寛容なようですね。 「政府公認高速テスト許可」なるステッカーを貼った車両、よくスクープされています。 走行テスト動画、発見したのでアップしてみます。 っで、ベ …

セレブ感を上手く醸し出すインフィニティ

日産が海外展開している高級ブランド、「インフィニティ」。 日本でもエンスーのなかには、インフィニティ仕様にする人もいますし、 日本未導入のインフィニティ車を並行輸入車で購入する人もいます。 まぁ、商売 …

ブガッティヴェイロンの恐るべき維持費

イギリスの老舗自動車雑誌、AUTOCARで取り上げられた話題です。 ブガッティヴェイロンの年間維持費をざっくり試算すると・・・、ハチャメチャだったようです。 まず4000kmごとに交換が推奨されている …

no image

ワゴンアタック1と2

1980年代に販売されていたホンダシビックワゴン。 今でいうところのクロスオーバー車で、今でも”使える”車です。 皆に馬鹿にされるオーナーが、シビックワゴンに対する愛を映像で表 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー