CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ブガッティとコラボしたベルトのバックル屋

投稿日:

タイトルだけでは「何のこっちゃ?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
ベルトのバックルです。超高級バックルなるものが存在するんですねぇ、知りませんでした。
高級時計で有名なスイス、ジュネーブに本拠地を置く、ローランド・アイテンなるブランドです。
r22-side-right-open-black.jpg
これだけ見ても何が何だか・・・、って感じでしょうか?(笑)
百聞は一見にしかず!


これはベントレーコラボモデルのベースになっている、R22 Mk.I-22mmというやつです。
「メカニカル・ベルト・バックル」って呼ばれていて、無段階調整が肝だそうです。
うーん、どこが無段階調整なのか、さっぱりですけど・・・。
r22--bugatti--box-white.jpg
ブガッティモデルはホワイト・ゴールド、ローズゴールド、チタン、ステンレスなど100個の
パーツで構成され、R「22」にちなんでか22個限定だそうです。
値段はまだ発表されていませんが、ローランド・アイテンのバックル・・・、
大体2万5000ドル(200万弱)するんですって。居るんですねぇ、唸るほどの大金持ち。
このバックルを見かけたら、「ROLAND ITEN?」と聞いてあげましょう。
そんなバックルを知っていることに、大富豪に驚いてもらえます、きっと(笑)。
いやはや、フェラーリFF、ランボルギーニ・アヴェンタドールが今年生産分を既に
完売したそうですし、本当に世界景気は日本以上に二極化しているのかもしれません。
Our View
Roland Iten, apparently, is already known as manufacturer of the unique hi-precision
Mechanical Belt Buckles… What the hell is a mechanical belt buckle????
You’d have better understanding by taking a look at the YouTube file above.
Now, they teamed up with Bugatti Automobiles to create the R22 Mk.I – 22mm
mechanical belt buckle, a masterpiece of fine-tuning for all refined, sophisticated
and fastidious gentlemen. The Roland Iten R22 Mk.I-22mm Bugatti edition mechanical
buckle is micro customizable to any size, whether it is 87.29, 99.45 or 108.98 cm as
opposed to the regular belts come in lengths of 90, 100, 110 or 120 cm.
The Bugatti edition mechanical buckle comprises 100 components in solid white gold
with rose gold accents, lightweight titanium and stainless steel. Limited to 22 units,
as the name of the buckles says “R22″…
The price has not been revealed yet but most Roland buckles are priced around
25,000 USD. There are some seriously rich people out there that we don’t know of.
No wonder Ferrari FF and Lamborghini Aventador are already sold out for this
year’s production…
Roland Iten’s web site is here.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

DIYで自動運転装置を搭載できる?!

MITテクノロジー・レビューに面白い記事がありました。アメリカ・ネブラスカ大学に通う大学生が、DIYで自動運転装置を作った、という話なんです。しかもDIYにかかったコストはハードウェアのパーツ代のみで …

中国のBYD、アメリカに電気自動車で進出

今年の年末にはアメリカ導入が予定されている、BYDの電気自動車。 ちょっとホンダオデッセイに似ている、なんて突っ込みをいれている場合ではないかも・・・。 韓国・現代だって、20年前は単なる安い車。 そ …

愛の国、フランスからのセクシー自動車動画

ルノー・トゥインゴRSのプロモーション動画が・・・、気になってしょうがないんです。愛の国フランスらしくトゥインゴRSのスポーティな性能、セクシー美女、白シャツ、水(+金魚)を組み合わせた素敵なプロモー …

次世代BMW6シリーズ、アウトバーンで激写

正確に言うと、BMW6シリーズコンバーチブルのテスト車両3台がスクープされました。 アウトバーンをランデブーしているので、いわゆる実走テストなんでしょうか。 動画を見るかぎり、プロモーション活動を兼ね …

プライベートジェットは経営陣の必要手段

一見、何の変哲もない飛行機(エアバスA319)に思えます。 中を見ると整然と座席が並んでいますが・・・、すべてファーストクラスなんです。 見てください、このレッグスペース! そりゃ最近のファーストクラ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー