CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ブガッティとコラボしたベルトのバックル屋

投稿日:

タイトルだけでは「何のこっちゃ?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
ベルトのバックルです。超高級バックルなるものが存在するんですねぇ、知りませんでした。
高級時計で有名なスイス、ジュネーブに本拠地を置く、ローランド・アイテンなるブランドです。
r22-side-right-open-black.jpg
これだけ見ても何が何だか・・・、って感じでしょうか?(笑)
百聞は一見にしかず!


これはベントレーコラボモデルのベースになっている、R22 Mk.I-22mmというやつです。
「メカニカル・ベルト・バックル」って呼ばれていて、無段階調整が肝だそうです。
うーん、どこが無段階調整なのか、さっぱりですけど・・・。
r22--bugatti--box-white.jpg
ブガッティモデルはホワイト・ゴールド、ローズゴールド、チタン、ステンレスなど100個の
パーツで構成され、R「22」にちなんでか22個限定だそうです。
値段はまだ発表されていませんが、ローランド・アイテンのバックル・・・、
大体2万5000ドル(200万弱)するんですって。居るんですねぇ、唸るほどの大金持ち。
このバックルを見かけたら、「ROLAND ITEN?」と聞いてあげましょう。
そんなバックルを知っていることに、大富豪に驚いてもらえます、きっと(笑)。
いやはや、フェラーリFF、ランボルギーニ・アヴェンタドールが今年生産分を既に
完売したそうですし、本当に世界景気は日本以上に二極化しているのかもしれません。
Our View
Roland Iten, apparently, is already known as manufacturer of the unique hi-precision
Mechanical Belt Buckles… What the hell is a mechanical belt buckle????
You’d have better understanding by taking a look at the YouTube file above.
Now, they teamed up with Bugatti Automobiles to create the R22 Mk.I – 22mm
mechanical belt buckle, a masterpiece of fine-tuning for all refined, sophisticated
and fastidious gentlemen. The Roland Iten R22 Mk.I-22mm Bugatti edition mechanical
buckle is micro customizable to any size, whether it is 87.29, 99.45 or 108.98 cm as
opposed to the regular belts come in lengths of 90, 100, 110 or 120 cm.
The Bugatti edition mechanical buckle comprises 100 components in solid white gold
with rose gold accents, lightweight titanium and stainless steel. Limited to 22 units,
as the name of the buckles says “R22″…
The price has not been revealed yet but most Roland buckles are priced around
25,000 USD. There are some seriously rich people out there that we don’t know of.
No wonder Ferrari FF and Lamborghini Aventador are already sold out for this
year’s production…
Roland Iten’s web site is here.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

進化しているスピードカメラ!

世の中には様々な会社があるもの。 なかでもドライバーにとって、最大の敵はスピードカメラ製造会社かもしれない(笑)。 最近、スイスのCESという会社が300km/hまでの違反車両を撮影できるスピードカメ …

アイルランドのインフラ普及で思うこと

今、世界各国が電気自動車フィーバーに沸いています。 もちろん、車全部が電気自動車になるわけではないでしょうが、 エコへの”取り組み”として、電気自動車が普及することは明らかです …

テスラがIPOで得た資金は2億2600万ドル

アメリカの新興自動車メーカー、テスラ。 開発の中枢部を飛行機事故で亡くし、経営者は離婚訴訟でモメ、 トヨタとの合意書をゲットしたものの、先行き不透明な部分があまりに多かったんです。 でも、結果的にIP …

7転8起の精神を感じさせるモビリティ動画

(Wikipediaより) ここ最近、起き上がり小法師を彷彿とさせるモビリティ関連がチラホラ出回っていましたので、まとめて取り上げてみます。まずは、クラシックカーイベントの帰り道すがら、集まった観衆に …

no image

色んなスキル

いやはや・・・、凄い。 こんな搭載方法があったなんて・・・。

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー