CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

パガーニの新型スーパーカーは「ワイラ」!

投稿日:

pagani-huayra-opt.jpg
パガーニの最新作が「HUAYRA」です。ポルトガル語かと思っていたら、
ケチュア語でアンデスを流れる乾いた「風」を意味するそうです。
Aymara Huayra Tataから来ているとか・・・。(←Twitterで指摘されましたので修正しました)
でも、やっぱり読み方が・・・、よく分かりません。フゥアイラなんでしょうか????
ネット上で写真が公開されましたが、自動車王国ではなんとなくスルーしていました。
でも、イギリスの自動車雑誌EVOが早速動画を公開していたのでご紹介と相成りました(笑)。
メルセデス・ベンツAMG製6lV12ツインターボエンジンは最高出力700psオーバーで、
最高速度は370km/h近辺。トランスミッションは7速デュアルクラッチで、
もうMTは過去の遺物になっています・・・。
03-pagani-huayra.jpg
もっと写真を見るにはコチラ
1月29日更新
あまりに気になるので、ケチュア語講座のサイトを作っている笠原氏にお聞きしました。
以下、笠原氏からお教えいただいたHUAYRA情報です。
「ウアイラ」だと思います。「ウァイラ」でもいいかもしれません。
ぱっと聞くとWAYRA「ワイラ」とほぼ同じです。WAYRA(風)は、ケチュア語の
ペルー付近の方言(ケチュア語としては標準語)です
以上、ご回答ありがとうございました!
ややこしいですがHUAYRAは「風の神」、WAYRAは「風」です。
日本語表記は「ウアイラ」となりがちでしょうけど、でも「ワイラ」にしようと思います。
ウ・ア・イ・ラとひとつひとつ発音してしまうと、カッコ悪いです(笑)。
笠原氏がおっしゃるようにパッと聞くと「ワイラ」とほぼ同じ、というところに注目しました。
自動車王国では「ワイラ」と表記することにします!


エンジン音にシェパードもビックリですよ(笑)。
Our View
The photos of Pagani Huayra made its official web debut.
And EVO released its first video of Huayra.
Mercedes-Benz AMG-built 6.0-liter twin-turbo V12 engine on Huayra is said to be
capable of speeds up near 230 miles per hour(370km/h). Over 700 horsepower
and about 740 pound-feet of torque will be sent to the ground through
a seven-speed dual-clutch gearbox. NO MORE manual transmissions????
By the way, how do you pronounce this word “Huayra”?
For more photos, click here.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

マクラレンMP4-12Cの初期トラブル対策

年産4000台を目指しているマクラレンですが、早速躓いているようです・・・。 まずは納車の遅れが多くのオーナーをイライラさせているんですが、 それだけ人気があることを示しているわけですし、しょうがない …

飲酒運転の暴挙には鉄拳制裁ってか・・・

飲酒運転で渋滞に突っ込み、もうハチャメチャです。 警察官はドアをこじあけ、殴る蹴るしてドライバーを引きずり出そうと(笑)。 反撃に出た酔っ払いは壊れた車で思いっきりバック、駐車中のポルシェ・カイエンに …

no image

オービスは怖くなくなる?!

Stuff To Trick Photo Radar – Watch more funny videos here アメリカのニュースクリップを見ていました。 なんでもオービス対策を取り上 …

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

イメージ図が現実化することになった、マツダロードスター改

ソーシャルネットワークがある昨今、どんな人でも世界に発信する術を持っています。それが世界を駆け巡るか否か、つまりバズるか否かは別問題ですが。 2020年、カシム・トリベコフ氏なる人物が、マツダ・ロード …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー