CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

フェラーリ御用達の世界で最も美しい板金屋

投稿日:

zanasi-vidcap.jpg
板金工場って、どうしてもイメージ的に「洗練」とはかけ離れています。
鉄板をハンマーでバンバン叩きますし、バフ掛けでモーターがうぃんうぃん音を立てています。
でも編集次第でいかようにでもイメージを変えることができるんだ、と思わせてくれる動画です。

「カロッツェリア・ツァナージ」は1964年からフェラーリ社に協力しているカロッツェリア。
カロッツェリアとは聞こえがいいんですが、ぶっちゃけ板金屋さんです。
カスタム・ペイント、レストアなどもフェラーリから受注しているそうです。
しかもカロッツェリア・ツァナージの工場はフェラーリ本社(マラネロ)の近所。
困ったときは、シュッとフェラーリを運んで対応してもらってきたんでしょうねぇ。
ちょっと不思議なのはフェラーリには「クラシケ」というレストア部門があるにもかかわらず、
カロッツェリア・ツァナージとの付き合いも途絶えていないことです。
SANY0076.jpg
SANY0074.jpg
もしかしたらクラシケの職人って、カロッツェリア・ツァナージの所属なのかもしれませんね。
板金工場で多いのって板金部門、塗装部門、整備部門で別会社ってケースです。
クラシケはフェラーリが用意した”箱”で、中身は違っても不思議じゃありません。
それにしてもフェラーリって商売上手ですよね。自分たちのブランド力を知っています。
レストア部門を立ち上げ、顧客レース部門を立ち上げ、挙句の果てに使い古し(笑)も販売。
SANY0051.jpg
カロッツェリア・ツァナージがアップロードしている動画でユニークなものもありました。
フェラーリF430 16Mのバラし動画です。何を訴えているのかは・・・、疑問です。

Our View
Carrozzeria Zanasi has been collaborating with Ferrari since 1964.
They are the Ferrari’s go-to body shop for a wide variety of functions, such as
body panel beating, custom paint jobs to restoration of classics.
As you can tell from the video after the jump, Zanasi’s facility is a bit more impressive
than your average panel-beater wielding his rubber hammer in some greasy garage.
At Ferrari, they have restoration section called, Classiche.
But from this information, I’m guessing workers might be from Carrozzeria Zanasi…
The facility is at Ferrari’s premises but it would make more sense to have
skilled panel beaters from a Carrozzeria that has been collaborating with Ferrari.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

no image

レクサスのディーゼルモデル発見!

レクサスIS220dというモデルが、ヨーロッパでは存在するそうです。 「d」は当然、ディーゼルを表すもので、MTで運転している動画を発見しました。 “ヤンエグ(死語か?)御用達のBMW32 …

ランボルギーニ・ガヤルドと勝負したらんかい

世間の自動車ニュースはパリサロンのコンセプトカーだらけ。 ランボルギーニのセスト・エレメント・コンセプトだの、ポルシェ911スピードスターだの、 アウディ・クワトロ・コンセプトだの、BMW6シリーズ・ …

差し押さえた日産GT-Rの再利用

https://www.facebook.com/GuardaNacionalRepublicana/posts/3825559640875060 より ポルトガル共和国国家警備隊のFacebook …

SLS63スーパースポーツGT by Kicherer

ドイツのチューナー、キヒャラーが超個性派M・ベンツSLS AMGを投入してきました! 「SLS AMGをチューニングする必要があるのか?」という疑問が湧かなくもないんですが、 まぁ、それは富裕層の差別 …

契約書のペンが・・・気になってしょうがない

中国のギーリーがボルボを買収する契約書をサインした際の写真です。 仲介に入った投資銀行が用意したのでしょうが、カルティエのペンなんです。 ついでにケースには、買収交渉を記念した専用プレート付き。 ルノ …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー