CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

新型M・ベンツSLKの室内はSLSほど高級?

投稿日:2010年12月19日 更新日:


M・ベンツSLKの開発責任者であるマイケル・シアーが撮影した、とされる動画です。
プロモーションの一環でしょうけど、ニコ・ロズベルグがステアリングをモナコで握っています。
2012-mercedes-benz-slk-magic-sky-control-roof_100328198_l.jpg
まぁ、スポンサーのための仕事って感じでしょうか?
「よぉマイケル、カメラはどうした?」ですって、わざとらしい(笑)。
とにかくSLKベタ褒めですよ。路面に這うように走るしインテリアが良い、とのことです。
SLSと変わらないほどの高級感あるインテリア、ですって。ちょっと言い過ぎ?
でも、ホントいい感じですね。あくまで動画を見ただけの印象ではありますが、
高級オープンカーを凝縮したような雰囲気が、今まで以上に感じられます。
以前、お伝えした「マジック・スカイ・コントロール」が遂に姿を現しましたね。
これって、マイバッハのパーテーション技術の応用なんでしょうか?
screencapture-of-leaked-2012-mercedes-benz-slk-video_100332861_m.jpg
Our View
This video is supposedly privately shot by 2012 Mercedes-Benz SLK’s chief
engineer, Michael Scheer. We think this is simply a promotional video.
And who holds the steering wheel? Non other than Mercedes-Benz F1 pilot,
Nico Rosberg.
In the video, we get a a sample of the sound of the car, both inside and out–
but little else. Nico says the interior is as luxurious as SLS… hummmm.
We also get the glimpse of “magic sky control”.
3rd generation SLK seems more luxurious, more agile and better than ever.
The casual feel that SLK had seems to be fading away… for the better!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

3オーナー目募集中のランボルギーニレベントン

現在1,495,000ドル(USD)でe-bayに出品されています。 2オーナーで走行距離は78マイル・・・。 いやはや、どっかのガレージに鎮座していたんでしょうね。 安いととるか、高いととるか、微妙 …

新型ポルシェカイエン

今やポルシェの”ドル箱”と化しているカイエンが、フルモデルチェンジを受ける。 ちょっとエクステリアが変わり、エンジンは直噴を新たに採用する。 燃費の改善が一番の売りらしく、実用 …

ブガッティヴェイロンの恐るべき維持費

イギリスの老舗自動車雑誌、AUTOCARで取り上げられた話題です。 ブガッティヴェイロンの年間維持費をざっくり試算すると・・・、ハチャメチャだったようです。 まず4000kmごとに交換が推奨されている …

no image

スマート・・・改造すると

ヨーロッパのお金持ちは、スマートに隼(バイク)のエンジンを積み換えるそうです。 1340ccのエンジンは、最高出力197馬力。スマートには十分過ぎます。 動画のスマートが隼エンジン搭載か否かはわかりま …

ポルシェパナメーラのインテリア写真流出

ポルシェパナメーラは、登場が待ち望まれているポルシェの4ドアセダンです。 しかし、金融大恐慌が来ている最中、大丈夫なんでしょうか。 ちなみに写真のネタ元はXcar.com.cnとありますから、中国の「 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー