CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

トヨタとロータスの関係は一層強化する?

投稿日:

lexus-lfa-engine-630.jpg
ロータスはバックヤードビルダーから変革を遂げようとしています。
エスプリをブランド・アイコンとして復活させ、プレミアムブランドへ格上げを目指しています。
フェラーリやランボルギーニなどをライバルにとらえているそうですから・・・。
ついでに言うと、ロータスのダニー・バハーCEOは・・・、フェラーリ出身です。
っで、今ネット上でまことしやかに語られているのは、レクサス・エンジンの供給です。
LFAの4.8lV10エンジンをエスプリの最高峰モデルに、IS-Fの5lV8エンジンをほかのモデルに
それぞれ搭載するんじゃないか、って噂が流れています。
今までもロータスにトヨタエンジンの供給実績ありますしねぇ。
でも、レクサス最高峰のV8、V10エンジンをそう安々と外部提供するでしょうか????
①ロータスに供給することで、レクサスのブランドイメージが向上する
②ロータスに供給することで、レクサスのエンジン開発に投じた資金回収が早まる
③レクサスのため、というエクスクルーシブ感がなくなる
④そもそもレクサスのV8、V10エンジンの供給の話なんて、ロータスから聞いていない
まぁ、9月のパリサロンで答えは分かるでしょう。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

no image

米国エネルギー省は水素ステーションに消極的?

Bloombergをチェックしていたら、面白い記事がありました。 アメリカ・エネルギー省長官を務めるスティーブン・チュー氏。 ノーベル賞受賞者でバイオ燃料や再生エネルギーの第一人者でもあります。 そん …

no image

チューニングがブーム

チューニングの定義は難しい。人それぞれ、独自のチューニング手法があるからだ。チューニングとは「改造」と理解されているが、まぁ早い話、クルマを自分好みで手を加えてやることだろう。 純正のクルマよりも・・ …

no image

イタリアのランボルギーニパトカーが事故った!

いやはや、もったいない、の一言に尽きます。 警察官とて、人の子。 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4に乗れば、調子も乗ります。 まぁ、報告書によるとガソリンスタンドから急に飛び出してきた車があり、 …

ダッジバイパーの心臓部を得た車登場間近

ダッジチャレンジャーSRT10がスクープされました。 カモフラージュなし、っていうのが演出ですよねぇ。 アメリカでは今、アメ車を買おうナショナリズム剥き出しキャンペーン中ですから。 8.4lV10エン …

レクサスLFAのローンチ・コントロール操作

マニュアル車でのレーシングスタートはエンジンをある程度回し、いっきにクラッチを繋ぎ フル加速していきます。最近はセミATの登場で一部高級スポーツカーには、 「ローンチ・コントロール」なる機能が装備され …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー