CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

レクサスHS250hリコール報道に物申す

投稿日:

medium_3187413951_a63d94dc3f_o.jpg
アメリカでレクサスHS250hの販売が中止されたそうです。
HS250h再びリコール!なんてちょっとセンセーショナルに取り上げている報道各社があるなか、
冷静にレクサスのプレスリリースを読んでみると、なんか違和感を覚えます。
米運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)のリア追突実験(約80km/h)の一環で、
車体を90度に振るんですって。その際、基準値を上回る燃料漏れがあったというんです。
(どこの報道各社もこの90度回転させるって話には触れていませんねぇ・・・、なぜでしょ?)
そんな基準値が設けられていることにもビックリしましたけど開発段階でテストしているので、
NHTSAによる指摘はトヨタにとっては寝耳に水なわけです。
当然、クリアしないとアメリカへの輸出も、販売もできない筈ですからねぇ・・・。
昨今のトヨタ車リコール問題で当局から目がつけられているので、トヨタ側の動きは俊敏です。
即座に「リコールします!」と発表し、車両の販売を停止したんです。
ただ、現段階ではNHTSAが指摘する燃料漏れを再現できていないようです。
リコール、リコールってセンセーショナルに報道されていますけど、
トヨタ側の燃料タンク設計ミスなのか、NHTSA側の実験ミスなのか、って話です。
余談ですけど、GMは部品メーカーとの契約条項に「リコール時の費用折半」を盛り込むようです。
どこまでの範囲をリコール費用として捉えるのかブラックボックス的要素があり、
部品メーカーは戦々恐々としているそうです。トヨタもこれだけリコールが続くと、
同様の動きをするかもしれませんねぇ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

no image

内燃式エンジンの形が大幅に変わる予兆

イギリスとイタリアに拠点を置くNEVIS Engine Company(ネヴィス・エンジン・カンパニー)という会社が、画期的な内燃式エンジンの実用化に向けた動きをしているそうです。NEVISはNew …

no image

放映禁止のCM(イギリス)

まずはこのCMをご覧頂きたい。 007シリーズの「カジノロワイヤル」のシーンを使い、フォード・フォーカスを宣伝している。 じっくり見ると、フォード・フォーカスは最後にクロっぽい影で紹介され、解説文が出 …

パガーニの新型スーパーカーは「ワイラ」!

パガーニの最新作が「HUAYRA」です。ポルトガル語かと思っていたら、 ケチュア語でアンデスを流れる乾いた「風」を意味するそうです。 Aymara Huayra Tataから来ているとか・・・。(←T …

凄過ぎるトラック・・・、のラジコン

アメリカのいわゆるコンボイに使われるボンネット・トラックです。 デカかろう、良かろう・・・、大陸の広さを感じさせるものです。 そんなトラック・メーカーで有名なのが、Peterbilt Motors。 …

新型ポルシェカイエン

今やポルシェの”ドル箱”と化しているカイエンが、フルモデルチェンジを受ける。 ちょっとエクステリアが変わり、エンジンは直噴を新たに採用する。 燃費の改善が一番の売りらしく、実用 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー