CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

第一弾トヨタリコール問題公聴会、高圧的

投稿日:2010年2月24日 更新日:

us-congress-building.jpg
いやぁ、思わず見入ってしまって、こんな時間ですよ・・・。
公聴会をリアルタイムでご覧になるにはコチラ
ニュースや新聞で詳しくご覧になるでしょうから、自動車王国独自の視点をお届けします。
まず言いたいのは、今日のトヨタ側の生贄となったジム・レンツ社長、お疲れ様でした!
ホント、テレビドラマの裁判シーンを見ているみたいでしたよ。
後ろに時給の高い高い弁護士をズラりと並べ、必要に応じてアドバイスを受けていました。
しかし、基本は彼自身の答え。偽証罪に問われかねませんから、言葉を選んでいました。
政治家からの愚問で笑ってしまったこと
カナダでリコールされたセリカが、アメリカでリコールされない理由は?
レンツ社長:何のリコールなのか存じ上げません。
そりゃ仕様が違うんでしょうから、リコールされる場合とされない場合があるでしょうね。
トヨタアメリカ販売の社長が、なぜ安全性問題のヒアリングに出席?
レンツ社長:呼ばれたからです
これには爆笑しました。何も知らないなら来るなよ、くらいの勢いで聞かれていましたから。
PRが大切な今、NUMI(GMとトヨタの合弁工場)を存続させては?
おいおいおいおい、トヨタリコール問題の公聴会だべさ?
票取り狙いの質問なのは分かるけど、酷すぎない?
ところがレンツ社長、ここぞとばかりにいかに低い稼働率のなか、従業員の雇用を守ってきたか、
そして今後の転職についても、トヨタが何をできるか、などズラーっとアピールしていました(笑)。
感想
政治家によるパフォーマンスでしたね。
まるで、自動車は一切問題のない”完璧”な商品である前提のようでした。
トヨタをあまりいじめすぎると、今後ほかの自動車メーカーもアメリカで活動するのが大変かも。
かつて、どっかのメーカーがエンジンに休止システムをつけていましたけど、
あのクルマはよく燃えましたしねぇ、リコールされませんでしたけど

でもレンツ社長、各質問に対しての決定的な答えは持っていませんでした。
苦情や技術問題は、日本に投げられるって回答でしたから・・・。
基本的に答えたことは外部調査の結果、さらなる検証の約束、
そして議員から求められた資料の追加提出、って感じでしたから。
これを踏まえて豊田社長への質疑応答ですから、かなり具体的に突っ込んでくるでしょうねぇ。
だって答えは日本にあるって流れになってしまっていましたから・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

セグウェイを超える新しい乗り物

最高出力15psのガソリンエンジンを搭載し、最高速45km/hを誇るDTVシュレッダー。 基本デザインはセグウェイ譲りですけど、キャタピラーを採用しているんです。 だから悪路走破性が高く、軍用移動ツー …

アメリカでリコールされたBMW i3から分かったこと

アメリカではBMW i3が燃料漏れの恐れがあるとして、リコールされることになりました。「えっ?!」っと思った方、鋭いです。なぜならi3は電気自動車だからです。もっと鋭い方は、i3のオプションで用意され …

テスラとトヨタの提携について一考

ちょっと前に電気自動車ベンチャー、テスラとトヨタが提携に合意した、と盛り上がっていました。 豊田章男社長は、テスラを結構褒め称えているような感じでした。 トヨタ社のプレスリリースでさえ、前向きな雰囲気 …

プライベートジェットは経営陣の必要手段

一見、何の変哲もない飛行機(エアバスA319)に思えます。 中を見ると整然と座席が並んでいますが・・・、すべてファーストクラスなんです。 見てください、このレッグスペース! そりゃ最近のファーストクラ …

ポルシェ・カイエンの小型版は「ケイジャン」

ドイツのMANAGER MAGAZINという雑誌が、VWのマーティン・ヴィンターコルン社長を取材。 その中で明らかになったのは、ポルシェ・カイエンの小型版が投入されることです。 VWトゥアレグとティグ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー