CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

輸入車の先頭を切って投入されたM・ベンツSクラスハイブリッド

投稿日:

豪華さ550級、燃費350の3割増し

M・ベンツSクラスハイブリッド
Sハイブリッドに積まれたシステムは、1モーター搭載のいわゆるマイルドハイブリッドタイプ。3.5リッターV6アトキンソンサイクルエンジンと、7Gトロニック(7速AT)との間に、三相交流モーター(スターター兼オルタネーター)を含むディスク型ハイブリッドモジュールを挟み込んだものだ。助手席側(左ハンドル車)前すぐのボンネット下には、市販量産ハイブリッド車としては始めてリチウムイオンバッテリー(仏ザフ社製)が収まっている。ちなみに、システムは重量が75kg、全体のサプライヤーは独コンチネンタル社。


プリウスやレクサスのようにEVとして、つまりモーターだけで動くことはない(そうするにはモーターも電池も”小さすぎる”)。アイドルストップを積極的に利用し、回生ブレーキシステムによって効率化をさらに高める狙いのシステムである。これらにより、カタログ燃費は11.2km/l、CO2排出量は186g/kmを達成した。これはカテゴリー最高レベル。ベース車のS350に比べてざっと3割の燃費パフォーマンスアップで、国産車で言えばレクサスGS450h級の燃費/CO2排出量である。
本国名S400ハイブリッドが示すとおり、このクルマは「燃費はV6エンジン級/ダイナミック性能は4リッターV8級」を狙っている。そういう意味ではSといえばV8の550というユーザーまで性能で納得させることは難しいが、それもダウンサイジング時代の流れと思えば納得できるだろうか。内装の仕上げは550と同様に豪華だし、ロングボディしかない。そもそも後席に乗るVIPには性能など関係ないのかも知れない。むしろ550という数字に込められたステータス性が大事だったのだとすれば、HYBRIDがその代わりを十分に果たすことだろう。
M・ベンツSクラスハイブリッド
Sハイブリッドの登場と同時に、Sクラスそのものもマイナーチェンジされた。外観ではグリルが大きくなり、LEDが多用されて、さすがフラッグシップというべき見栄えを手に入れた。ハイブリッド車であることを示すのは、トランクリッドに張られたHYBRIDエンブレムのみという控えめさ。
内装は、さすがに豪華だ。これのどこがエコカーなんだ? と思うくらい。液晶メーター内にハイブリッドシステムの様子が映し出されるのが特徴。
M・ベンツSクラスハイブリッド
走り出す。S350と単純に比べたわけじゃないが、非常に重厚なライドフィールだ。言ってみれば簡易ハイブリッドシステムだから、レクサスGS/LSのように劇的な重量増を招いてはいない。にも関わらず、動きだしは重々しい。それでもモーターのアシストを借りて加速している最中は、4リッターエンジンならこれくらいだろうな、と納得できるパフォーマンスではあった。十分かと問われれば日常的には十分だと答えるだろうが、物足りないかと聞かれればYES。そんな感じだ。
速度に乗りさえすれば、Sクラスらしい威風堂々たる走りをみせる。重々しさも高速域では逆に安定感となってドライバーをリラックスさせてくれる。少なくとも、高速巡航中はSクラスらしさ満開だ。
気になったのはアイドリングストップである。停止する直前、15km/h以下になるとエンジンがストップする。ここまではいい。何も感じない。停止すると、細かな電子音や外の雑音が気になるくらいに静かだ。圧倒的に静かである。けれども、ブレーキペダルを外し、即座にエンジンがかかったとき、やはりブルンと震える。これは仕方ないことだし、他のアイドリングストップ車に比べればわずかな震えだけれども、Sクラスとしては少々、品がない。
もうひとつ、回生ブレーキのフィールも、まだまだ”回生していますよ!”を感じさせるものだ。ブレーキペダルからの反力が不自然に伝わって来る。
いずれも仕組み上理解できる現象なのだが、高級車Sクラスの世界観の中で語れば、少々安っぽいというそしりを免れないと思う。
後席に座る人にはほとんど関係ないことではあるのだが・・・。
M・ベンツSクラスハイブリッド
M・ベンツSクラスハイブリッド

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30年前の日本車にあったモノが進化?!

今から30年ちょっと前、日産スカイライン(7代目:R31型)が世界で初めて搭載したのがオートスポイラーです。時速70km/hを超えると自動的にフロントスポイラーがせり出し、時速50km/h以下になると …

no image

やはり女性にお似合いダイハツエッセ

経済合理性を徹底的に追求した軽自動車 あけましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしく! というわけで、06年”試乗会でこんにちわ!”の一発目はダイハツエッセですが・・・ …

no image

プジョー308SWはモダンプジョーの表れ

SWを選ぶのがプジョーらしさを満喫できる早道 個性的なスタイリングや、いわゆるネコアシに代表される走りのテイストだけがモダンプジョーの魅力ではない。他のモデルには無いユーティリティの高さも挙げておきた …

「コンクリート流し込んでやる!」という脅し

http://m.verno-info.ru/ ロシアにある「Verny」というスーパーマーケットが“苗字をVernyにしたらもれなく5万ルーブルプレゼント!”ってキャンペーンを展開したそうです。5万 …

no image

新型フォーカスに乗った

このクラスの基準を塗り替える とりあえず2Lモデルしか乗れなかったけど、驚きました。単刀直入に言えば”すっごい、いいクルマ”。欧州フォードって、これまでもツウ好みのいいクルマ造 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー