CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

コンパクトSUV界に殴りこむM・ベンツGLK

投稿日:

SUVスタイルが好きな人には理想的な乗用車

M・ベンツにとってはGクラス、GLクラス、Mクラス、Rクラスに次ぐ5つ目のSUV/クロスオーバーモデル、GLKクラス。Kとはドイツ語のコンパクトの頭文字だ。SL→SLK、CL→CLK、と同じ理屈である。日本車によって開拓されたコンパクトSUV市場。中でもプレミアムクラスはBMWX3とランドローバーディスカバリーの独占状態だったが、プレミアムブランドの雄、M・ベンツが黙っているわけがない。満を持してのコンパクトSUVの投入となった。


日本仕様はGLK300(本国名280)のみの設定。3lV6エンジンに7Gトロニック、そして4マチック(4WDシステム)で700万円近い価格になった。オプションを何か選んでしまうとC300アバンギャルドSとほぼ変わらない価格になる。どころか、ML350にももう一息・・・。名車Gクラスを彷彿とさせるスタイルはいまどき珍しく角張っていて逆に新鮮だ。写真で見るよりも実物の方が立派にみえるが、全長は4.5mちょいと扱い易いサイズに収まった。プラットフォームはCクラスベース。そこに専用の4WDシャシーを組み合わせてSUVクロスオーバーワゴンとした。
インテリアも、もちろん専用デザイン。最近のM・ベンツの流儀に従って、直線基調の立体的なダッシュボード周りが独特の雰囲気を醸し出している。上級グレードのGLK300とあって、HDDナビやオーディオ、レザーシートなど欲しい装備や機能はほぼ標準で備わった。コマンドシステムももちろん標準。なお、4WDシステムの関係から右ハンドルはなく、左ハンドル仕様のみの導入となった。ワゴンとしての使い勝手も良好だ。5名乗車状態450l、後席をフォールドダウンすれば最大1550lの積載量が確保されており、ステーションワゴンとまではいかないが、十分に使える容量と言っていい。
至って今風M・ベンツ流のライドフィールである。しなやかさの中にも適度な節目があって、がっちりとした印象だ。しかも、SUVっぽくない。デイリーユースの乗用車として模範的なCクラスの乗り味の良さを残しつつ、ただ単にSUVらしく見えるよう背を高くしてみました、という感じ。背の高いクルマにありがちなロールも抑えられ、不安を感じさせないのだ。SUVをドライブしていることを忘れさせるほど乗用車ライクな走りをみせる。もっとも、走り出しのときだけ、わずかにフロントが縒れる。これを消すのは物理的に難しいか。
さすがV6搭載だけあって、動力性能は申し分なし。7Gトロニックのおかげでスタート時も追い越し時も、加速フィールは極めてスムースで力強い。かったるさなど微塵も感じなかった。角張ったスタイリングとコンパクトなサイズのおかげで、街中での取り回しもいい。Aピラー方向の視界がもう少し開けていると嬉しいが。全体的にみてCクラスワゴンと同様の実力、機能をもつオールマイティなデイリーユースカーだと言っていい。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

輸入車の先頭を切って投入されたM・ベンツSクラスハイブリッド

豪華さ550級、燃費350の3割増し Sハイブリッドに積まれたシステムは、1モーター搭載のいわゆるマイルドハイブリッドタイプ。3.5リッターV6アトキンソンサイクルエンジンと、7Gトロニック(7速AT …

「コンクリート流し込んでやる!」という脅し

http://m.verno-info.ru/ ロシアにある「Verny」というスーパーマーケットが“苗字をVernyにしたらもれなく5万ルーブルプレゼント!”ってキャンペーンを展開したそうです。5万 …

no image

停車中も楽しめるトヨタbB

まったりシートには結構ご機嫌 “ミュージックプレーヤー”だっけ?ホンマ、あのTVCMを見たときは、中身を知ってるだけに、なんでやねん!って思いました。若者に媚びるにも、限度っち …

no image

カウンタックの理想形、ムルシエラゴLP640

どこまでも非日常をもたらしてくれるスペシャルな存在 スーパーカーブーム時代の雄、ランボルギーニカウンタックの子孫であり、理想型とも言えるのがこのムルシエラゴLP640。V型12気筒エンジンをドライバー …

no image

SCの唯一無比な楽しみ方発見!

注目の試乗会は京都で開催された レクサス試乗会のスタート地点は京都は南禅寺。新幹線で京都までゆく。大学生活を送った街だ。心がはやる。京都にいたるまでは、なぜか苦労した。そこいらへんの顛末記はまた後日!

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー