CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART1

投稿日:

順調すぎるときこそ、覚悟を忘れるな、である。
好事魔多し、とよくいうが、べつだん目出たくも良くもないが順調といった流れのときでも、魔はいたるところに潜んでいるものだ。
その日の夕方、ルボランY編集長と私は、アストンマーチンV8ヴァンテージロードスターの試乗(試乗記へ)を終え、もう1泊を南仏ゴートの素敵なホテルで過ごす日本の取材チームから離れて、マルセイユの空港に向かっていた。マドリッドを経由して、ポルトガルの国境にほど近いスペイン第4の都市、セビリャまで飛行機で向かうためだった。

ゴートでの試乗会は、泊まった街やホテル、走ったコースや途中の休憩ポイント、食事全般、そして何よりもクルマそのもの、すべてが気持ち良かった。意外にも、あまりないことである。
セビリャでは、翌日からダッジの国際試乗会が開催されるので、間に合わせようと思うと、何としてもその日中に入らなければならなかった。20時にマルセイユを出てセビリャに真夜中0時半に到着という、ちょっとハードで綱渡りな計画ではあったものの、これがわれわれの仕事。毎度のことである。どころか、グッドタイミングで2つの仕事が繋がったことを、ラッキーだとさえ思っていた。
ゴートからマルセイユまでは、アストンマーチンの計らいで、同じグループだった(もはや過去形)ランドローバーのディスカバリー3が、ショーファー付きで用意されていた。地中海に向かって渋滞がなければ、1時間半ぐらいで着くという。
車中。私は、南仏の、人間はあるがままに生きるが一番と再認識させてくれる田舎景色を半ば惚けて楽しみながら、「このままディスコ3でセビリャまで行った方がラクかもねえ~」などと軽口を叩いたものだった。数時間後、そんな冗談が現実になるとは夢にも思わず・・・。

懸念されたマルセイユ近郊の渋滞に悩まされることもなく、インターネットの路線案内にも負けないぐらい正確に、出発のきっかり2時間前、我々は空港に送り届けられた。手を振り、笑顔で去ってゆくアストンマーチンのスタッフ。
空港の独特な緊張感と匂いに包まれると、夢のようなゴートでのひとときが、急に甘い思い出となって蘇ってくる。なぜだが一瞬、みんながまだ泊まっているホテルに、戻りたくなっていた。

(続く)

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

10の質問

Q1.購入はいつ?新車?中古車? 2005年11月購入。中古車。 Q2.購入のキッカケ、そして選択理由は? 今までクルマを半年ほどで買い換えていましたが、“愛する”ことを知りたくて…、3年くらい乗れる …

石油会社がEV充電設備の拡充を加速

石油会社、ロイヤル・ダッチ・シェルがオランダのNewMotion社(2009年設立)を買収したことに注目しました。New Motion社はヨーロッパ西部においてEV充電ネットワークを構築しています。ち …

プジョーは猫足

唐突ですが、プジョーは猫足なんて言われ方をしています。 ですが、早く走ろうと思うとコレが柔らかい。 日本車にありがちな腰砕けではないですが、ロールに多少気を使います。 コーナへの進入は、適度に沈み込ん …

no image

アイ・ラブ・ヒロシマ1

某社(といってもちょんバレ)の仕事で広島へ。海外出張よりも、国内出張の方が好きやね。日本語が通じるし、何よりも飯が美味いじゃない?どこをほっつき歩いても怖くないしな。 仕事柄、毎月のように何十時間も飛 …

アラブのシークが乗っていたレクサスLS400

ポーランドのKomfort Transという中古車販売店に、不思議なレクサスLS400(日本名:トヨタ・セルシオ)が販売されています。2代目セルシオの輸出モデルなんですが・・・、ストレッチリムジン化さ …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー