CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART1

投稿日:

順調すぎるときこそ、覚悟を忘れるな、である。
好事魔多し、とよくいうが、べつだん目出たくも良くもないが順調といった流れのときでも、魔はいたるところに潜んでいるものだ。
その日の夕方、ルボランY編集長と私は、アストンマーチンV8ヴァンテージロードスターの試乗(試乗記へ)を終え、もう1泊を南仏ゴートの素敵なホテルで過ごす日本の取材チームから離れて、マルセイユの空港に向かっていた。マドリッドを経由して、ポルトガルの国境にほど近いスペイン第4の都市、セビリャまで飛行機で向かうためだった。

ゴートでの試乗会は、泊まった街やホテル、走ったコースや途中の休憩ポイント、食事全般、そして何よりもクルマそのもの、すべてが気持ち良かった。意外にも、あまりないことである。
セビリャでは、翌日からダッジの国際試乗会が開催されるので、間に合わせようと思うと、何としてもその日中に入らなければならなかった。20時にマルセイユを出てセビリャに真夜中0時半に到着という、ちょっとハードで綱渡りな計画ではあったものの、これがわれわれの仕事。毎度のことである。どころか、グッドタイミングで2つの仕事が繋がったことを、ラッキーだとさえ思っていた。
ゴートからマルセイユまでは、アストンマーチンの計らいで、同じグループだった(もはや過去形)ランドローバーのディスカバリー3が、ショーファー付きで用意されていた。地中海に向かって渋滞がなければ、1時間半ぐらいで着くという。
車中。私は、南仏の、人間はあるがままに生きるが一番と再認識させてくれる田舎景色を半ば惚けて楽しみながら、「このままディスコ3でセビリャまで行った方がラクかもねえ~」などと軽口を叩いたものだった。数時間後、そんな冗談が現実になるとは夢にも思わず・・・。

懸念されたマルセイユ近郊の渋滞に悩まされることもなく、インターネットの路線案内にも負けないぐらい正確に、出発のきっかり2時間前、我々は空港に送り届けられた。手を振り、笑顔で去ってゆくアストンマーチンのスタッフ。
空港の独特な緊張感と匂いに包まれると、夢のようなゴートでのひとときが、急に甘い思い出となって蘇ってくる。なぜだが一瞬、みんながまだ泊まっているホテルに、戻りたくなっていた。

(続く)

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:

関連記事

オイル漏れ

どうもオイル漏れしている車があるようだ。ガレージに残されたオイルのシミが気になる。 現在所有するクルマは3台(ベンツE240、ホンダプレリュード、ホンダライフ)。保管場所から推測するとやっぱりE240 …

no image

968を探して その7

なんだかんだで4時間も居座ってしまいました。 でも、心はすでにこの1台。 306の下取りもxxx万とのことなので、 それを置きに来週きて….などと考えつつ、 CSの試乗に向かいます。 ただ …

no image

俺たちのミッレミリアPART11

バルセロナというと思い出す作家がある。カルロス・ルイス・サフォンだ。この“ドライブ”のつい1ヶ月ほど前にバルセロナを訪れた際、たまたま成田で買った文庫本が、カルロス・ルイス・サフォンの『風の影』(集英 …

白人至上主義のホンダ・ディーラー?!

先日、KKK(白人至上主義の秘密結社)の一派「トラディショナリスト・アメリカン・ナイツ」のインペリアル・ウィザード(最高指導者)だったフランク・アンコナ氏が、頭部に銃撃を受けた状態で発見されました。妻 …

no image

ついに大トラブル発生?!

V12エンジンがもたらす加速感は、物凄いものがあります。 大きな船が、すぅーっと動くような感覚です。 そしてスピードはすぅーっと、というよりもズバーっと出るのです。 かつて100m走が大好きだった担当 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー