CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

洗車好きな皆さんへ警告!

投稿日:


コイン洗車場でよく見かける高圧洗浄機。水がドワーっと出て、車体やホイールの汚れを水とともに勢い良く吹き飛ばしてくれる楽しい機械だ。なんか消防士になった気分で、うきうきするのは私だけだろうか?
しかしイギリスのタイヤ安全協会、「タイヤセーフ」が高圧洗浄に関する注意を発表した。タイヤに高圧洗浄の水を直接かけると、タイヤのサイドウォールを傷める恐れがあるというのだ。ドイツのDEKRA(ドイツ車検協会)も同様の注意を促している。
高圧の水をタイヤに短い距離で噴射すると、タイヤのサイドウォールに見えないダメージを与えるらしい。最悪の場合、走行中にやがてバーストしてしまうことも考えられるという。また、洗剤についても注意が呼びかけられている。タイヤに含まれるケミカルまでも洗い流してしまい、劣化が著しくなるという。
というわけで:
・過度に高圧な噴射機は用いない
・タイヤから最低でも20cm離して噴射する
・タイヤに噴きかける水はなるべく短めに
・タイヤとホイールの隙間目がけて噴射しない
ホイールはともかく、できるだけタイヤは洗わないほうがいいのかもしれませんねぇ。
しかもホイール洗浄に用いる強力な洗剤・・・、タイヤには悪そうですね・・・。
うーん、ホイールを洗うときは水をかけながら、が一番無難なのかも。
オリジナル記事はコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホンダCR-Z改めホンダKR-Z

ホンダCR-Zに非ハイブリッド・モデルが投入される噂がうっすら流れています。 1.6lターボエンジンを搭載するんじゃないか、と結構具体的。 そんななか、LHTパフォーマンスというチューナーがやってくれ …

ムルシエラゴのリコールってアメリカだけ?

アメリカで発生した一連のトヨタリコール問題以来、様々な自動車メーカーがリコール連発中です。 あまり取り上げても、日本モデルに関係ないものが多く”スルー”していました。 っで、気 …

ランボ・ムルシエラゴの後継車をニュルで激写

またまたランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車が捕獲されました。 場所は、ニュルブルクリンクです。 エキゾースト音から判断するに、パワーユニットはいつものV12のようです。 あとはどれだけライトウェイト …

アルターニ家のケーニグゼッグCCXRが!

ロンドンの街中で注目を浴びていたターコイズブルーのケーニグゼッグCCXRスペシャル・エディションは、カタール王室のアルターニ家が所有しているものです。以前、自動車王国ではハロッズ前でこの車が駐車禁止を …

新しい自動車メーカーのカタチかもしれない

実は数日前から気になってはいました。 フィスカーは、創設されたばかりの新興電気自動車メーカーです。 カーマはその代表作となる、プラグインハイブリッドカーなんです。 っで、「カーマのアルミスペースフレー …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー