CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip 爆笑

チューニングがブーム

投稿日:

チューニングの定義は難しい。人それぞれ、独自のチューニング手法があるからだ。チューニングとは「改造」と理解されているが、まぁ早い話、クルマを自分好みで手を加えてやることだろう。
純正のクルマよりも・・・
・速くする
・エアロパーツを装着する
・足回りを交換する
・オーディオを充実させる
・大きいホイールに交換する
いずれも「差別化を図る」という点で共通している。しかも最近、1000万円超の高級車でもチューニングが流行っている。日本では一般的にチューニングしてしまうと、”リセールバリュー”が下がるということから敬遠されがち。しかし、真のお金持ちにはどーでもイイことらしい。そういえば、BMW6シリーズのガルウィング仕様というのを都内で見かけたことがある。
そういったなか、ドイツでチューニング業界団体が発足した。乱立するチューナーのなかには、粗悪で走ると危険なモノもあるからだ。走行中にホイールが割れる、なんてことも問題になっている。
そんな業界団体が今、力を入れているのが「Tune it safe!」キャンペーン。安全にチューニング、といったところだ。
ウェブサイトを見てみると、そこに表れるのはブラバスが特別に作ったパトカー。
M・ベンツCLSをベースに、7.2L V12ツインターボエンジンを搭載した化け物だ。
違法改造や不良チューナーは、コイツで取り締まるぞ、って感じか?
こんなんがバックミラーに映ったら…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, 爆笑

執筆者:

関連記事

既存の自動車を全否定する新革命!!!!!!!!

なぜ、どこのメディアも取り上げないのか不思議でなりません。 石油業界、既存の自動車メーカー、すべてに喧嘩を売るような会社だからでしょうか。 このクルマ・・・、なんと圧縮空気で走るんです。凄すぎます! …

ベントレーとヒュンダイの最高級を比較する

アメリカのMotor Trand誌がやってくれました。 ベントレー・ムルザンヌとヒュンダイ・エクウスを比較したんです。 日本の雑誌(自動車媒体に限らず)では、どこも絶対やらないことです。 3000万円 …

ポルシェカイエンがピックアップになったら

YANKOO DESIGNというカナダの会社からの、デザインスタディです。 キャッチフレーズは「Form Beyond Function」というのが、ちょっとポイントですね(笑)。 日本語に訳すと「機 …

HOTWHEELSの新製品は盗撮の相棒?!

最近、小型カメラがどんどん安くなってきています。 憶測ですが、携帯電話用のカメラが進化し、普及するにつれ価格が下落。 新しい活用法を見出すべく、カメラメーカーが知恵を絞っているんでしょう。 タバコの箱 …

SAAB閉店終了

自動車王国ではあまり取り上げなかったネタです。 さびしいですね。サターンやポンティアック同様、サーブ終了です。 スーパーカーメーカー、スパイカーの買収計画、失敗したそうです。 現行9-3や9-5にまつ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー