CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

スズキMRワゴンは可能性の宝庫

投稿日:

ターゲットを徹底的に絞った軽自動車

軽自動車もついに細かな商品戦略が必要な時代になってきたようです。


アルトやミラの時代からワゴンR、ムーブ、ライフの時代になり、そこからさらに細分化される。MRワゴンはこのモデルチェンジで、ターゲットを小さな子供のいる主婦に絞りました。そこから見えてくる機能性には、軽自動車の可能性を感じますね。
カタチやインテリアのデザインは、まあ八方美人系のかわいいスタイルでしょう。いいなと思ったのは、インテリアのカラーコーディネーション。茶色なんかを大胆に使っていて、けっこう品がいい。ダッシュパネルのデザインもすっきりしているし、スズキ初のインパネシフトの使い勝手もいい。
走りも特に不満なんてもんはありません。自然吸気でも十分。室内の静かさも軽自動車としては高レベルの仕上がりです。
本領を発揮するのは買い物をする主婦の声と、乗り降りする子供たちの利便性を考えたインテリア周りです。流行のマイバスケットをすっぽり収められる助手席や、引き出し式のトレイ、欲しい位置に使いやすいサイズでおかれた各種収納やフックなど、ショッピングの供としてはこれ以上ない機能性を誇ります。
それと、子供が乗り込みやすい後席。何も知らない子供たちが、みんなほとんど同じ動作で簡単に乗り込んでしまう、ほどに考えられています。なんでも開発時に近所の幼稚園児たちが協力してくれたんだとか。子供の使い勝手は子供に聞け、と。奥様機能も同様だそうです。
新車の匂いがしない、ってのも二重マル。あれ、酔う人いるでしょう。消臭天井を使っているので、食べ物なんかの匂いも残しません。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

BMW Z4がフルモデルチェンジ

走りとスポーティの演出が巧みに進化 「BMWの走りが変わり始めた!」。新型7シリーズで既にその傾向を感じてはいたけれど、今回、スポーツモデルの新型Z4に試乗して、改めてその思いを強くした。

ジャック・ナッサーが絶賛自宅整理中

フォード・オーストラリアでインターンから現地法人の社長に上り詰めた、ジャック・ナッサー。1999年1月からは本家、フォード・モーター・カンパニーのCEOの座に就きました。レバノン出身のジャック・ナッサ …

no image

アウディR8のV10モデルに乗った

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー 思い起こせば’03年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディルマンクワトロ」がやってきたときのこと。そのクルマは、フルLEDヘッド …

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

レジェンドたちの戯れ

この動画に出くわしたときはただただ、びっくりしました。手前の方は、ニック・メイソン、ハンチング帽を被っているのはブライアン・ジョンソンです。ニック・メイソンといえば、ピンクフロイドのドラマーで、ブライ …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー