CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

レクサス店に行ってみた

投稿日:

気になるレクサス開業初日・・・

開業初日の都内某店を覗いてみることに。開店早々にやってきたのはプジョー307CC。ひょっとしてお向えのプジョーさんへきたついで?(どこのショップのぞいたか、わかりますかね?)しかも、こんな朝早くから・・・。出勤前のお店の人だったりして。


平日だというのに、その後も続々。以下、入っていったクルマを順に列挙すると、
10時まで;プジョー307cc、クラウン、BMW3シリーズ、センチュリー、クラウン、セルシオ、クラウン、シーマ、プログレ・・・。とまあ、なんか
開店祝いで駆けつけた関係者って風情で、新しい客が来ているようには思えないな。
13時まで;オペルべクトラワゴン、アリスト、ソアラ、古いBMW5シリーズ、ウイッシュ、M・ベンツEクラス(W124)、BMW3シリーズツーリング、アウディA6、マークX
ここでようやくドイツプレミアム御三家揃い踏み。こういうお客さんにきて欲しいんでしょうね、まずは。
15時まで;センチュリー、マークX、BMW5シリーズ、プリウス、アリスト、ジャガーXJシリーズ、アリスト、パサートワゴン、プラッツ、パサート、eKワゴン、セルシオ、オデッセイ、アベンシスワゴン、M・ベンツEクラス、アコード、スクーター(おっちゃん)、M・べンツAMGCLKカブリオレ、M・ベンツMクラス、バイク(750cc)、クラウン、ウインダム
アリストとドイツブランドが目立ってきました。
17時まで;VWゴルフワゴン、セルシオ、BMW5シリーズ、ボルボV70、クラウンマジェスタ、M・ベンツSクラス、M・ベンツSクラス、アリスト、スマートフォーツー、アリスト、チェイサー、フィールダー、ディアマンテ、BMW5シリーズ、セルシオ、ステップワゴン(ヤンキー仕様)、ボクシー(ヤンキー仕様)、スカイラインクーペ(シャコタン)、ウインダム、セルシオ、エスティマ
冷やかし半分な人も多くなってきたようです。面白いことに、トヨタ車以外の国産車があまりいない。どうなんでしょうね、トヨタの高級系な人は堂々と来れるけど、他国産系はこれないのかしら。ガイシャ乗りは、割と”いっちょもんだろか”ぐらいの気持ちでがんがん乗り付けている感あり。
18時まで;ボルボ850ワゴン、M・ベンツEクラス、ブレビス、アリスト、ラグレイト、セルシオ、フィールダー、M・ベンツSL、ハリヤー、ソアラ、クラウンマジェスタ、ポルシェ911(997)
アリストのユーザーはきっとGSに乗り換えるのでしょう。これもまた堂々と。ブレビスやウィンダム、プログレ、マークX、普通のクラウンあたりに乗っている近所の”本当”の金持ちが買ってくれると、レクサスにも独自のブランド感が出ていいと思います。ベンツやBMW乗っている人、とるんじゃなくて。
というわけで、輸入車ユーザーが、物見遊山もあるでしょうが、たくさん来ていたのは予想通りなんでしょうね。レクサスには。
次回はショールームで商談編??だんだん”試乗会”じゃなくなってきたけど、レクサスは特別ですから。なんといってもクルマ業界今年最大のニュース。特別にきっちり追いかけてみますんで・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

VWグループの再編でブガッティが売却される?!

9月17日付けのCAR誌のスクープ記事として、VWグループからブガッティが切り離される、と報じていました。自動車王国として取り上げていなかったのは報じられていた売り先がクロアチアのリマック社である、と …

no image

アウディR8のV10モデルに乗った

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー 思い起こせば’03年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディルマンクワトロ」がやってきたときのこと。そのクルマは、フルLEDヘッド …

アメリカの事故車はロシアに行く?!

YouTubeでちょっと気になる鈑金職人のチャンネルを見つけました。彼の名はアルトゥール・チュシックでロシア人です。ただひたすら色んな車両の鈑金模様をまとめた動画なんですが・・・、1本あたり10分以上 …

no image

悲願のディーゼル再導入、M・ベンツML350ブルーテック

欧州最新ディーゼルターボ車の実力のほどは、M・ベンツの”努力”もあって、徐々にではあるけれど日本でも認められつつある。長距離移動での驚異的な燃費のみならず、街乗りでも案外良かっ …

no image

プジョー308SWはモダンプジョーの表れ

SWを選ぶのがプジョーらしさを満喫できる早道 個性的なスタイリングや、いわゆるネコアシに代表される走りのテイストだけがモダンプジョーの魅力ではない。他のモデルには無いユーティリティの高さも挙げておきた …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー