CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

スパイカー元オーナー、再起を賭けて挑む

投稿日:

spykerantonovcn.jpg
スパイカーのサーブ買収が一転二転したは元経営者、ヴラデミア・アントノフ氏の噂も理由の一つです。
結局、彼が経営権を手放しスパイカーを出る、ということがサーブ買収の条件にもなったんです。
ロシア人大富豪であるアントノフ氏と一族は、ロシアンマフィアとの繋がり、そしてマネロン疑惑が
尽きなかったようです。買収劇をサボタージュするデマの可能性も否定はできませんが・・・。
サーブ買収が正式に決定された今になりアントノフ氏、身の潔白を証明する、と言い始めました。
ニューヨークタイムスの投書欄のようなものに、彼自身の言い分が掲載されています。
第三者機関に、一連の疑いについて調べさせると言っているんです。
ということは、政治家並みに晒されるってことですよ?
株主でもなく社長でもない現在のアントノフ氏ですが、サーブ買収資金の100億円は彼の貸付。
無碍にもできないでしょうね。しかも転換社債っぽいから、いつ大株主に返り咲くやもしれません。
それにしても、そこまでスパイカーに戻りたい理由って何なんでしょうね?まさか趣味?

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界最速男がBMW M3で2度目の事故

Go Jamaica.comによると、去る日曜日に世界最速男、ウサイン・ボルトがBMW M3で事故を起こしたとのことです。まぁ、軽い追突事故で怪我人もゼロ。個人的に気になってしまうのは、パーティ帰りの …

no image

デトロイトモーターショー

やっぱりエコの流れは世界中のものです。 でも、やっぱりアメリカではハイパワーモデルや、ゴージャスモデルもお披露目されています。 いくら不景気でも、底力を感じさせてくれますね。 ダッジバイパーACR1: …

哀れな次期BMW M5@ニュルブルクリンク

ニュルブルクリンクでテスト走行していた、次期BMW M5が激写されました。 いやぁBMWにとっては失態です(笑)。なんせ、牽引姿を激写ですから。 テスト中にトラブルにでも見舞われたんでしょう。 皮肉に …

アメリカでリコールされたBMW i3から分かったこと

アメリカではBMW i3が燃料漏れの恐れがあるとして、リコールされることになりました。「えっ?!」っと思った方、鋭いです。なぜならi3は電気自動車だからです。もっと鋭い方は、i3のオプションで用意され …

ロールスロイスはフェラーリより人気?!

Bloombergが2014年5月から2017年5月までにBillboard HOT 100のチャート上位20にランクインした曲から、歌詞に用いられているブランド名(商品名含む)を調べ上げたそうです。 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー