CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report エコカー最前線 へぇ 時事暴論

「水素は理にかなっていない 」 VWヘルベルト・ディースCEO

投稿日:

Volkswagen CEO Herbert Diess at the Volkswagen Group Night with the the new Volkswagen ID.3. Photo by Gisela Schober/Getty Images for Volkswagen AG

フィナンシャル・タイムズに面白い記事がありました。VW、ステランティス(旧フィアット・クライスラー&プジョー・シトロエン)、M・ベンツ、BMWなどが燃料電池車開発から遠ざかりつつある、というものです。

なかでもVWのヘルベルト・ディースCEOはインタビューで燃料電池車をフルスイングでディスってきたのです(笑)。

「自動車に水素を用いることはない」、「10年経とうとも水素を用いることは理にかなっていない(駆動用バッテリー+電気モーター+燃料電池という構成よりも、駆動用バッテリー+電気モーターでいいじゃないか、という趣旨)」などコメントを掲載。

充電ステーションの拡充を図るだけでなく、駐車場ではこのようなオンデマンド充電ロボットを配置すれば問題無し、というスタンスですもんね。

また、ステランティスのカルロス・タヴァレスCEOに至っては「水素を用いる車両(燃料電池車を示唆)を売り出そうとするメーカーはバッテリーとEV技術で遅れを取っている」とのコメントも紹介されていました。

一方、ルノーは小型商業車における燃料電池車のシェアを少なくとも30%まで引き上げられる、と同社のオルタナティブ燃料担当責任者、フィリップ・プレヴェルは試算しているそうです。後続距離300㎞以上、積載貨物量、バッテリー重量などを勘案すると、電気自動車よりも燃料電池車に軍配があがる、ともいうことも紹介。

それでもVWのディースCEOは商業車(VWはMANやスカニアも傘下に収めている)においても燃料電池を採用すると、1㎞あたりのコストは電気自動車に比べて3倍になる、と自論を展開したそうです。

いやはや、まるでプロレスのマイクパフォーマンスのような雰囲気になってきましたね・・・。

ちなみにフィナンシャル・タイムズこんな書かれ方していますが、ダイムラー・トラックはボルボ・グループと燃料電池車両開発をするジョイント・ベンチャーを発表したばかりです(笑)。

まっ、いずれにせよ石油ショック以降の排ガス規制よりも、大きなパラダイムシフトが自動車業界に訪れているのは事実です。そして、自動車メーカーによる熾烈な覇権争いからは目が離せません。

余談ですけど・・・、「Freedom Fuel」として水素&燃料電池がもてはやされたのは、究極的には『脱石油』がもたらす自律と平和、というフレコミからでした。太陽光をはじめとした再生エネルギーを用いて、自宅に設置した水素生成装置で水から水素を取り出して燃料にできればサイコー!って理想論から始まったと言っても過言ではありません。もちろん、今の技術ではコスト面の兼ね合いから、この理想には達していませんが・・・。

Freedom Fuelの根底にあった石油メジャー支配(直接的・間接的)からの脱却、石油を巡る戦争や紛争の撲滅、石油を入手しにくい国や地域(場所的・政治的理由)の自律というややヒッピー理想・・・、私は好きです。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, エコカー最前線, へぇ, 時事暴論
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

フィアット500がVW本社を飾る?!

久しぶりに思わせぶりなタイトルでスイマセン・・・。まぁ、VW本社とはいっても、スウェーデンにある現地本部です。Google Mapで見てみると・・・、正面玄関にフィアット500が見事に鎮座しているんで …

差し押さえた日産GT-Rの再利用

https://www.facebook.com/GuardaNacionalRepublicana/posts/3825559640875060 より ポルトガル共和国国家警備隊のFacebook …

no image

クリーンディーゼル

アウディA5のディーゼルモデルのCMです。日本では放映禁止でしょうね(笑)。 真似して死んだら損賠賠償請求されそうですね、アメリカなんかでは。 クリーンディーゼル、あまりにクリーンで自殺できない、そう …

no image

ホンダFCXクラリティのCM

燃料電池の生みの親であるバラード社は”単独開発”を投げ出し、ダイムラー・ベンツ&フォードと一緒に新会社を設立したばかり。もはやバラード社には「自動車用燃料電池」部門はないのです …

ランボ・ムルシエラゴの後継車をニュルで激写

またまたランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車が捕獲されました。 場所は、ニュルブルクリンクです。 エキゾースト音から判断するに、パワーユニットはいつものV12のようです。 あとはどれだけライトウェイト …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー