CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ

掃除機メーカー、ダイソンの動きに興味津々

投稿日:

電気自動車へは様々な業界から新規参入が見込まれています。今じゃ一流どころの電気自動車メーカーとして認知されているテスラだって、言ってみればポッと出なんですから・・・。誰にでもチャンスがある!という点では歴史上は産業革命のひとつなのかもしれません。

そんななか、イギリスの掃除機メーカー、ダイソンで何やら怪しげな動きが・・・。今年はじめ、テスラから広報担当者を引き抜き、先日はアストンマーティンから購買部長を引き抜いています。

2008年にはダイソンが電気自動車を作るかもしれない、という巷に流れる噂を全面否定した過去があります。昨年はイギリスのインフラ・プロジェクト庁が出した書類に気になる文言が出ていたことも話題になっていました。

当初「政府がダイソンに資金提供をし、新しいバッテリーを搭載したEVの開発を本社があるマルメスブリー・ウィルトシャーにて行う。1億7400万ポンドの投資が行われ、500名の雇用が見込まれる」と記されていました。しかし、いつしか「政府は1600万ポンドを上限とした支援を行い、マルメスベリーで新型バッテリーの開発援助をする」と変更されています。


一瞬、やっぱり電気自動車作るんじゃないか、と自動車王国も思ったんですよ。ダイソンが持っているブラシレス・モーターって効率的ですからねぇ、これを大型化して・・・、なーんて思っていました。でも、インフラ・プロジェクト庁が記しているように、ヒントはバッテリーにあるような気がします。

2年前にダイソン、ミシガン大学からスピンアウトした電池メーカー、SAKTI3を買収しているんですよね。投下資金は300億円を優に超えています。そして、SAKTI3の売りはリチウムイオンバッテリーの電解質を既存の液体から、固体に変えたこと、なんです。

ほう、新種のリチウムイオンバッテリーねぇ、と思っていたら、先月TECH CRUNCHに「トヨタ、高性能の全固体電池を開発――2020年にも実車搭載へ」という記事が掲載されていたことを思い出しました。電解質の固体化・・・、偶然の一致でしょうか?

自動車メーカーからの引き抜きが続いているダイソン、やっぱりこの新型リチウムイオンバッテリーの自動車業界への売り込みを目論んでいるんじゃないでしょうかねぇ?

インフラ・プロジェクト庁が発表した資料(P84参照)

SAKTI3創業者によるプレゼンテーション動画

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

関連記事

no image

GT-Rのナラシ 開始

出荷前に“アタリ”つけのテスト(例えばブレーキは軽く塗装されていて、それを削るようにテストするらしい)が施されているとはいえ、ナラシは必要らしい。何でも「2000kmまでは全力NG」のお達しが、水野さ …

日産GT-Rの加速性能を超えるオモチャ?!

0→60マイル(96km/h)加速2.3秒、0→100マイル(160km/h)加速4.92秒という数値をたたき出すのは・・・、R/Cカーで12月30日から販売を開始するTraxxas XO-1です。こ …

やっぱり不景気は一般庶民の悩みか?

イタリア・モデナのデュカルパレス・ミリタリー・アカデミーで発表された、 フェラーリ最速の公道マシン、「599GTO」、続報です。 一応、北京モーターショーでもお披露目される運びらしいのですが、 599 …

セグウェイを超える新しい乗り物

最高出力15psのガソリンエンジンを搭載し、最高速45km/hを誇るDTVシュレッダー。 基本デザインはセグウェイ譲りですけど、キャタピラーを採用しているんです。 だから悪路走破性が高く、軍用移動ツー …

新型ホンダオデッセイ、姿現す

ほとんど日本では注目されていない、アメリカ・シカゴモーターショー。 担当者が注目した一台は、ホンダオデッセイです。 アメリカ版オデッセイなので、ラグレイトの後継車と考えるのが筋でしょうか。 日本のオデ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー