CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip Report へぇ

ベントレーがヴィーガン向け内装を開発中?!

投稿日:

かつて、初代マイバッハがラインナップしたオプションに興味を惹かれました。それはイスラム教徒向けでメッカの方向を示すオブジェでした。中東向けの現行Eクラスには、キブラコンパス(メッカの方向を示す方位磁石)機能がナビゲーションシステムに内蔵されているとか・・・。
そんななか、ベントレーが面白いことを言い始めました。ベントレーのデザイン部長を務める、シュテファン・ジーラフ氏がイギリスのAutoExpressとのインタビューで発言した内容が注目を浴びています。ぬあぁんと・・・、ヴィーガン向けの内装を投入しようとしているそうなんです・・・。

ええ、ヴィーガン(完全菜食主義者)です。まぁ、ヴィーガンにも様々な種類がありますが早い話、本革に代替品の採用を目論んでいるようです。一般的にベントレーが内装に使う本革は牛20頭分です。これを本革以外の高級素材で賄うことで、ヴィーガン顧客の取り込みを狙う、という話なのでしょう。

ってことは、それだけヴィーガンの超絶富裕層が世界には存在する、ということなのかもしれません。


自動車王国では自由を重んじています。信仰の自由、選択の自由、発言の自由・・。だから、ベントレーのこの動き、大賛成です。いやっ、むしろ、どんな代替高級素材が出てくるのか楽しみです。耐久性も考慮(ベントレーの本革は120℃で1週間熱して劣化しない品質基準)すると大変なことです。かつて、バブル期の日本には日産プレジデントにシルク内装があったよなぁ、なんてことを思い出します。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, Report, へぇ
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北米で最もアメリカンな車はトヨタ・カムリ?!

アメリカのCars.comによると「北米で販売されている車両で最も”アメリカン”な車は 3年連続でトヨタ・カムリ」だそうです。しかも10台選び出された”アメリカン& …

ポルシェ・カイエンの小型版は「ケイジャン」

ドイツのMANAGER MAGAZINという雑誌が、VWのマーティン・ヴィンターコルン社長を取材。 その中で明らかになったのは、ポルシェ・カイエンの小型版が投入されることです。 VWトゥアレグとティグ …

議員の背景には必ず受益者が存在する?

昨年、アメリカの議院で最も株式を売買したのは、JANE HARMAN女史というニュースを発見。 売買額174百万ドル・・・、日本にして約150億円・・・、ですって。 HARMAN?まさか、「harma …

ランボルギーニに抗議した中国人

中国でランボルギーニ・ガヤルドを購入する人って・・・、大富豪と呼んでいいでしょう。 いくら経済発展を遂げているとはいえ、都心部でさえ平均年収はまだまだ、です。 安い労働力こそが、中国の現在の強みですか …

Made in USAのBMWが100万台突破

BMWはアメリカで自動車生産を始めて丸15年が経過したそうです。 タイトルにあるように、遂に100万台を突破。 現在、サウス・カロライナ州のスパルタンブルグ工場で生産される6割が輸出用です。 当初、3 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー