CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

アルファロメオがイタリアから撤退の危機?!

投稿日:2013年7月15日 更新日:

alfaalfa.jpg
イタリア人に対してどんなイメージをお持ちでしょう?オシャレ、グルメ、美男美女・・・、まぁ、昨今のメディアの取り上げようでずいぶんのイメージはアップしています。どこの国でも同じですけど、まぁ、政治家の票集めのために労働組合に手厚いんです。
Bloombergによるとフィアット・クライスラー率いる、セルジオ・マキオーネCEOが大変ご立腹なようです。フィアットはグループで2000億ユーロを超える投資をアルファロメオ車8台、マセラティ車6台の開発に投資をするはずでしたが、一時保留としたんです。
フィアットは労使交渉で裁判に負け、労働者の長時間勤務、休憩時間の短縮化ができずマキーオーネCEOは激怒。これに対し、「海外生産も辞さない」と”脅迫”(笑)。イタリア政府にとってはフィアット、アルファロメオ、マセラティの海外生産は失業率に悪影響を及ぼしますからねぇ。と同時に、フィアットにとってはイタリア国内の工場稼働率向上を図る策だったわけですから、あくまでも口喧嘩でしょうけどねっ。
雇用人数が多い会社って、票を動かせるから影響力はあります。さぁ、どうなるんでしょう?
Our Views
According to Bloomberg, Fiat and Chrysler CEO Sergio Marchionne has threatened to move Alfa Romeo production out of Italy. The Fiat-Chrysler Alliance executive said new Alfa Romeo models may be produced outside of Italy because of the country’s labor rules that hinder Alfa’s ability to compete with rivals. Fiat has put new investment on hold in its home country in an attempt to convince the Italian government to adopt reforms that will introduce clearer work rules.
Fiat’s decision to halt investment came after the carmaker’s labor contracts suffered a setback in Italian courts. Fiat plans to invest more than €2 billion in Alfa Romeo and Maserati to develop eight Alfa Romeo models and six Maseratis. All these models, including the Alfa Romeo Giulia sedan and the Maserati Levante SUV, were supposed to be built in Italy to solve Fiat’s overcapacity issues in the country.
While Marchionne may be bluffing, Italy cannot afford that risk, as losing production of Alfa Romeo and Maserati would be a major blow for both the economy and the country’s image.
We shall see what happens.

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲れたからちょっとストレッチ・・・

イギリスで免停になったリチャード・ニュートンなる人物が話題になっています。時速100km/hで走行中、手を後頭部にやり・・・、すっかりお寛ぎモードで運転しているところが、警察の監視カメラにバッチリ映っ …

テスラがボーイングを助けたいって?!

ボーイング787、エラい騒ぎになっています。それもそのはず、中・長距離旅客機の救世主的存在だったわけですから・・・。航空会社もテンテコ舞いなことでしょう。787が飛ぶ路線で当面の代用機を探さなければな …

Dymaxionをご存じですか?

なかなか「コレっ!」と感じるニュースに出会えず・・・、ブログの更新が滞りました。そして、やっと面白いネタに遭遇してブログ再会です。 第二次世界大戦前、アメリカには「Dymaxion」って三輪自動車が存 …

男子たるものカーボンファイバー!

タマラ・エクレストンがクリスタルのバスタブを購入、という話題を以前お届けしました。男子たるもの・・・、男らしさを演出するにはかつては金でしたが、今はカーボンファイバーです(笑)。 Carbon Fib …

新型コルベットをシューティングブレークに?!

新型コルベットに新たな提案がなされています。コルベットやカマロのチューニングで有名なCallawayが「シューティングブレーク」を1万5000ドル以下で作れる、とコンセプトの発表をしているんです。その …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー