CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

ハリウッドが大喜びなタマラ・エクレストンの話題

投稿日:2013年2月15日 更新日:

アメリカ・ビバリーヒルズから車で5分ほどの場所に名門ゴルフコース「ベルエア」(べレアという発音が正解でしょうか?)を見下ろす、超高級住宅街があります。今週頭くらいでしょうか、アメリカのウェブサイトが一斉に騒ぎ始めたんです。理由は・・・、自動車王国が大好きなF1皇帝バーニー・エクレストンの愛娘、タマラ・エクレストンが家を借りたんです!
Hello-Tamara-Ecclestone--a.jpg
たかが家を借りたくらいで・・・、とお思いでしょうが、そこはタマラです。月の家賃が15万ドル(1300万円強)ですから、マスコミは大喜び(笑)。でも、彼女が保有する不動産ポートフォーリオから言ったら、ちょっと小さめな家です。妹は近所でこんな家に住んでいるくらいですから・・・。タマラはアメリカでのリアリティTV出演も忙しそうですし、セレブ・モデル稼業も順調なようですし・・・、きっとハリウッド滞在(半年間)にはワケがあるんだと思います。まぁ、ロンドンよりも晴れ間が多い、って単純な理由でもオカシクありません。
tamarahouse3.jpg
っで、タマラが借りた家がBEL AIR地区であるのはどの記事も触れているんですが、具体的住所が出ていません。そこで自動車王国、一生懸命・・・、ググりました(笑)。ご丁寧に家の間取り(9ベッドルーム、11バスルーム・・・)、敷地(4194.7㎡)、そしてHELLOという雑誌での撮影模様(実はこの話題、イギリスでは1月後半に取り上げられていました)、前の家の所有者、前回の取引価格などが紹介されていますから、必死に検索です。すると出てきたのが「10847 Bellagio Rd., Los Angeles, CA 90077」。間違いありません。HELLO誌での撮影模様(リンク先の記事半ばに動画が埋め込まれています)と同じ家です。
tamarahouse.jpg
Google Mapの画像はリフォーム中のものですね。1951年に建てられたもので「Chateau Du Joyau」って名称まであります。ちなみに内装リフォームはラルフ・ローレンが手がけたんですって。余談ですが、この物件のオーナーはヒューストンにある会社ですが、真の所有者はチャーリー・チャナラットソポン氏(35歳?)。2001年、LAの大学卒業後、現地の三和銀行(懐かしい・・・)に就職しアナリストとして活躍と紹介されていますが、いわゆる新卒採用の肩書でしょうね。2年後、脱サラして「チャーミング・チャーリー」という宝石屋を展開して大当たり。もともと家の稼業が宝石系らしいです。

そんなチャーリーは「Chateau Du Joyau」を1490万ドル(約13億円)で購入したんですって。希望価格は2195万ドル(約19億円)でしたから、さすがは商人。タマラだって負けちゃいません。この物件、ちょっと前まで月額29万9990ドルで賃貸募集していたようですから、タマラは約半額で借りているって賢い!さすが商人の娘です。
tamarahouse2.jpg
それにしてもタマラ、お気に入りのプレゼントはレゴ製バーキンってねぇ・・・。
legobirkin.jpg
騙されちゃいけませんよタマラ、かなりのバーキン保有者ですから(笑)。
Our Views
Head over to Hello for Tamara Ecclestone’s new rented house in Bel Air, LA, USA.
http://www.hellomagazine.com/celebrities/2013012110810/tamara-ecclestone-hello-exclusive/

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:

関連記事

やっぱり注目すべきは部品メーカー?!

前々から自動車王国は部品メーカーに注目することをオススメしていますが、面白い2つの動画に出くわしました。フォードがベルギーで公開したのが、スマートホンでコントロールできる”自動駐車システム …

no image

年末のご挨拶

いやはや、いろんなニュースがありました。 地球温暖化(という建前)、政治不安、戦争、世界恐慌、健康不安・・・。 来年もたくさんのニュースをフォローしていきます。 とりあえず、今年のネガティブをぶっ飛ば …

男子たるものカーボンファイバー!

タマラ・エクレストンがクリスタルのバスタブを購入、という話題を以前お届けしました。男子たるもの・・・、男らしさを演出するにはかつては金でしたが、今はカーボンファイバーです(笑)。 Carbon Fib …

救急車タクシーはロシアのVIP御用達

ロシアの「MIGALKA」という青色灯問題をモーターヘッド(三栄書房)ブログで取り上げたことがありますが、今回のニュースは斬新です。 モスクワの慢性的交通渋滞を避けるための移動手段としてVIPが活用し …

車内から戦闘機を望む不思議な体験

恐ロシアと呟き続けている自動車王国ですが、なんか凄い動画が飛び込んできましたよ(笑)。退役戦闘機でしょうけど・・・、路上をフツーに牽引されて走っていく姿・・・、なんかシュールですわぁ。 まぁ、路上の牽 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー