CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip スクープ へぇ

こっそり、ひっそりアストンマーティンに新モデル

投稿日:2011年7月4日 更新日:

ちょっと前にVilla D’Esteの話題をお届けしました。
ただ、内容はコンクール・デレガンスとベルトーネ車両のオークションでした。
そこでは新しいコンセプトモデルの発表などもあるんですが、市販車とは程遠いものが多く
自動車王国としてはスルーしていたんです・・・。
アストンマーティンはこの場を利用して、V12 Zagatoを発表していました。
01-aston-v12zagato.jpg
03-aston-v12zagato.jpg

「ふーん・・・」というのが第一印象で「うっとおしいほど少数限定生産なんだろうなぁ」くらいは
思っていました。一応、ニュルブルクリンク24時間にも参戦はしていましたね。
zagbeaut2.jpg
アストンマーティンのサイトを見るとV12 Zagato・・・、
商品ラインナップにこっそり追加されていました(笑)。
astonmartinlineup.jpg
そういえば、One77も、デビューしたのはVilla D’Esteでした。
そんでまぁ、ベラボーな価格を付けて販売してみたら・・・、見事に完売。
もしかして忘れられないほどの成功だったんでしょうか?
一応、ZAGATOとのコラボ50周年記念車、という位置づけらしいんですが・・・。
アストンマーティンのオフィシャルサイトはコチラ
Our View
On Aston Martin’s website and we’ve noticed a new model listed in its portfolio,
the V12 Zagato. Aston Martin says “only a strictly limited run of road going cars
will be built”. So it sits in between One77 and DBS. The V12 Zagato is based on
the Aston Martin V12 Vantage, but features fresh bodywork penned by Zagato.
The car celebrates of fifty years of collaboration between Aston Martin and
Zagato, dating back to the DB4 GT. Come to think of it, the concept model of
V12 Zagato had made its debut at the Concorso d’Eleganza Villa d’Este in May
and racing debut at the Nürburgring 24hours already. By having its name on the
product lineup on Aston Martin’s website, this is probably the closest thing to an
actua production confirmation.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, スクープ, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェラーリ599GTOはコストパフォーマー

イギリスの自動車雑誌、AUTOCARはいち早く、フェラーリ599GTOを試乗したようです。 媒体力をまざまざと見せ付けられた感じです・・・。 彼らの主張によると、これほどコストパフォーマンスに優れたマ …

コルベットのステーションワゴンebayに登場

1973年式、コルベット・スティングレーがアメリカebayに出品されていました。 しかも、シューティングブレイクです! 「シューティングブレイク」という言葉は元来、ハンティングに使う馬車として用いられ …

no image

日本で盗難人気ナンバー1

なぜか日本車の情報も海外のほうが速く流れるようです・・・。 どっちがどっちだか分かります? 上がレクサスLX570 下がトヨタランドクルーザーです。 同じクルマで、バッヂだけ替えて、価格差はどうなるん …

筋肉の原理を使ったシミュレーター誕生

数多く登場しているドライビング・シミュレーターですが、 このフェスト「エアモーションライド」、かなり良さげです。 レーシングシートが4本の液体入りホースで繋がれています。 ゲーム内での動きに合わせてホ …

キャンピングカー要らずの魔法の箱

スイスといえば高級腕時計、アーミーナイフ、そして「ルームボックス」です。 コンパクトカーにも対応していますが、セダンだけは用意がないようです。 どんなクルマでも、ルームボックスを使えばキャンピングカー …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー