CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ケータハム、それともケータラム?

投稿日:

日本人は「ケータハム」と呼ぶんですが、イギリス人は「ケータラム」と言います。
そんなケータハムの正規輸入代理店である、PCIが主催するイベントに参加してきました。
正式名称は「ケータハム ドライビング エクスペリエンス」。
今回は千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイ駐車場での開催でした。
イギリスで行われているものと、まったく同じメニューでケータハム・スーパーセブンの魅力を
体感させようという趣旨です。オーナーでなくとも参加できるイベントで、
あわよくばケータハム・ファンを増やし、販売促進を目論んでいるのでしょう(笑)。
ちなみに現在、日本におけるケータハム車の販売台数は年間約50台だそうです。
1s03.JPG
ケータハムはロータスのディーラーを経営していた創業者、グラハム・ニアーン氏が
ロータスによるスーパーセブン生産中止を受け、製造権を購入し誕生した自動車メーカー。
小規模で、裏庭で生産されるイメージから”バックヤード(裏庭)ビルダー”なんて呼ばれます。
10s7.JPG
アクセルを煽ると、最高出力120psの直4エンジン(フォード製)が唸る。侮るなかれ!
120psのスーパー・ライトウェイト・マシン、車重わずか550kgで
0→100km/h加速は5.9秒を誇る俊足の持ち主なんです。
IMG_1923.JPG
パイロンでジムカーナコースを作り、インストラクターによる説明とデモ走行後、
受講者はステアリングを握るんです。スローラム走行から始め、
リアタイヤをわざとスリップさせることで回転半径を最小限に抑えるドリフトターン、
定常円旋回しながらのドリフト走行など、クルマを文字通り”振り回す”ことがを体感できます。

デモ走行で見たようにコーナーでアクセルを踏み込みリアを滑らせ、
クルマが”スピン”しそうな雰囲気のなかで、カウンターステアをあてるんです。
ステアリングとアクセルペダルを巧みにコントロールしながら、華麗なるドリフト走行・・・
のはずが、道半ばで豪快にスピンしたり、ドリフト状態をキープできなくなったり、てんやわんや。
見苦しい動画で・・・、スイマセン。いやぁ、グリップ走行派なんで、ボク(笑)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

SAAB閉店終了

自動車王国ではあまり取り上げなかったネタです。 さびしいですね。サターンやポンティアック同様、サーブ終了です。 スーパーカーメーカー、スパイカーの買収計画、失敗したそうです。 現行9-3や9-5にまつ …

no image

マイバッハのクーペ走行シーン!

凄い!マイバッハのクーぺ、「エクセレロ」はまだコンセプトカーのはず・・・。 なのに、走っている姿が動画でキャッチされています。 何も解説できませんが、V12ツインターボエンジンを搭載して350km/h …

中国で苦戦しているエコカー販売の実情

エコエコブームは世界的な流れで、誰がどんなに反論を唱えようと・・・、進んでいます・・・。 日本では18カ月連続で販売トップはトヨタ・プリウスだった、と報じられたばかりですし。 個人的には日本のエコへの …

ロシアの鉄道から見える繁栄の風景

アメリカでカスタムされたロールスロイス・ファントム・センチュリオンです。 ラスベガスの顧客用に製作された、としか情報はありません。 2007年にAUTOBLOGでebayに出品されている、と報じられて …

アストンマーティンのスキー販売開始

本国ではアストンマーティンディーラーで購入できるようです。 アルミ、カーボンを多用し、かなり軽量に仕上がっているとか。 ポルシェデザインの成功、羨んでる? ベッツ社長、ポルシェ出身だし、やることなすこ …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー