CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

コピー品でいいから欲しいと思う車

投稿日:


youtubeにランチア・ストラトスの走行シーンコンピレーションがアップされていました。
まるで”チェーンソー”や”草刈り機”のような甲高いエンジン音、独特です。
今の時代でもラリー走行って大変なのに、あの時代にあんなに速く走らせるなんて、って感じです。

自動車王国映像部が尊敬してやまない、イギリスBBC「TOPGEAR」では
レプリカ版ランチア・ストラトスの試乗模様が放映されていたようです。
撮影中に左フロントブレーキが固着したり、ワイパーが吹っ飛んだり、ハプニング続出です。
でも極論すれば、走りうんぬんよりも、このスタイルがいいんだよね、ですって(笑)。
イギリスのHAWK CARSのストラトスは、オリジナルと寸分たがわぬ寸法だそうです。
しかも1万3000ポンドといいますから、日本円に換算してい175万円強です。
あっ、レプリカとは申しましたが、キットカーです。
よって自分でこつこつ作り上げるか、誰かに作ってもらわないといけません。
また、エンジンもついてきませんから、中古で探すしかありません。
TOPGEARに登場したものは、アルファロメオのV6エンジン(164用?)を搭載していました。
hffront.jpg
もっとHAWK CARSのランチア・ストラトスをご覧になるにはコチラ
HAWK HF2000/3000Seriesがランチア・ストラトスです。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

すべては差別化を求めたがために・・・

ホイール交換することで、車のイメージはガラリと変えられます。 走りを追求するための軽量ホイールへの交換、というチューニングもありますけど・・・。 一瞬、フォトショップで加工された写真かと思いました。フ …

ランボ・ムルシエラゴの後継車をニュルで激写

またまたランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車が捕獲されました。 場所は、ニュルブルクリンクです。 エキゾースト音から判断するに、パワーユニットはいつものV12のようです。 あとはどれだけライトウェイト …

カルロス・ゴーンがレバノンで教壇に就く

Holy Sprit University of Kaslik(カスリク聖霊大学)でカルロス・ゴーンがEXECUTIVE PROGAM IN BUSINESS STRATEGIES AND PERFO …

FBIが潰したF50がオークションに?!

昨年、FBI捜査官がフェラーリF50をぶっ潰した話題をお届けしました。同年9月、保険会社がFBIを訴えたんですが、裁判所で退けられた話はツイッターでは呟いていたのですが・・・。続報です! FBI捜査官 …

「駆け抜ける歓び」を奪うBMW車?!

BMWはいつの時代もキャッチコピーがオシャレです。ちょっと前までは「Freude am Fahren(駆け抜ける歓び)」というのが、個人的にも心にグッと来ていました。実際、BMW車のリアウィンドウにま …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー