CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

スズキアルトラパンは制約のなかの優れもの

投稿日:

超実用車なのに遊び心もちゃんと盛り込んできた

軽自動車は、超のつく実用車。だから燃費ももっとがんばってもらいたし、いつまでも生活者の味方でいて欲しい。その一方で、あまりにクルマとして完成度が高くなりすぎると、逆に厄介なことになりやしないかと心配。だって、そもそもKカーって、小型乗用車に比べて何かを我慢したり妥協しなきゃいけないから、税制とか優遇されているわけで・・・。


これだけデキが良くなってくると、どうしても不公平感って出てくる。ワゴンRなんてすごいもんね。縛り=軽規格そのものも、良し悪しだな。規制があったからここまで進化できた(実に日本的で素晴らしい)とも言えるし、軽の規格に縛られているうちは世界に通用するミニカーを作れない気もするし。難しいよね。まあ、いまいまは内需拡大、日本オリジナルなクルマであればいいとは思う。将来的には軽のユーザーがごっそり電気自動車に乗り換えるかも、だし。
それはさておき、ラパン。実用の軽だからこそ、遊び心って必要だと思う。ボクはこういうの、割と好きです、実は。ヤンママ向きの強面仕様もいいけど、微笑ましいくらいにほっこり暖かい雰囲気って、軽に似合うと思うんだよなあ。で、やるからには徹底的に貫き通して欲しいな、と。中途半端に可愛くするから”しょっぱく”見えるんであって、やりぬけばファンも増える。そういう意味では新型ラパン、けっこうやり抜いてる。だから、第一印象がいい。
専用インパネ、よくできている。バブル期の日産パイクカーを思い出した。ちょっと前のスズキ車じゃ考えられない。オーディオまわりのデザインなんか、ホント、恐れいりましただもの。カラードの明るい内装がやっぱりいいな。ターボで選べないのが残念。黒しかないんだよね、ターボには。変じゃない?
シートもいい。広さや空間的なことはもちろん、感触や座り心地がいい。色合いやデザインもいい。センスがよくなってきた。ヒップポイントも高くなって、運転もしやすい。室内で不満は、ハンドルとシフトレバーかな。周りのデキがあまりに良すぎて、完全に浮いてしまっている。日常的に触る(当たり前だね)ところだけに、もうひと工夫ほしかった、なんて言うのは贅沢すぎるかな。それこそ、軽なんだしねえ。
走りはといえば、ワゴンR由来のものだけに、ほとんど文句なし。というか、ホイールベースがワゴンRより40mm長いぶん、街中でもしっとりしているし、リアタイヤの動きや反応も自然。ワゴンRで気になった、タウンユースの乗り心地の悪さもほぼ気にならないレベルに。ただ、パワーステアリングの初期応答に若干、違和感があった。
エンジンは、そりゃターボであるにこしたことはないけれど、NAでも不満なし。燃費を考えるとCVTを選びたい。昔のように、音だけ盛大で前に進まない、なんてことないからね。個人的には、やっぱりウサギらしく時にはすばやく走りたいのでターボが欲しいところだけど、そうすると2トーンカラー(Xのみ)もカラフル内装も選べない。やっぱり買うならXかな、なんて四十過ぎのおっさんに思わせるあたりが、もう凄いっしょ?

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

三菱ギャランフォルティススポーツバック

手頃なサイズ、実用的なハッチ、そして高性能。3拍子揃う ギャランフォルティスそのものは、’07年半ばにデビューしたコンパクト/ミディアムサイズの4ドアサルーンだ。そもそも北米など海外マーケ …

no image

アルファブレラ試乗続編パート2

ラインナップはこんな感じです とりあえずデビューしたのは2.2L直4と3.2LV6のいずれもJTS(直墳)に6MTを組み合わせたクルマです。未確認情報ですが、ブレラにはセレスピードが用意されない可能性 …

no image

4代目ホンダオデッセイを試乗

改めて乗って感じるオデッセイ独自の世界観 4世代目となるホンダの7人乗りミドルサイズミニバン。否、ミニバンというカテゴリーの中で語るのは、もはやふさわしくないクルマかも知れない。オデッセイは、従来のア …

no image

ザフィーラの燃料電池車に乗った

水素で走る環境に優しいクルマ開発中 新型ザフィーラの試乗は前回お届けしたとおりですが、試乗会では旧型ザフィーラベースの燃料電池車、ハイドロジェン3に同乗試乗させてもらいました。

no image

8代目ホンダアコードが登場

国産ミドルクラスサルーン/ワゴンは難問を抱えている 万事そつなく仕上げられたセダン&ワゴン、なんてフレーズが決して褒め言葉にならず販売にも結びつかないのが、今の日本市場なんだよなあ。新型アコ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー