CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART9

投稿日:

最初のインターチェンジで、早くも道を間違えて、高速道路をおりてしまった。こうなると、いっきに不安が募る。運良く、行きたい道と並行に走る一般路におりたので、細かな道路標識に従っていけば、もう一度同じ高速に乗れるはずだった。
「あ、そのランナバウト、11時の方向で高速です」。ヨーロッパの交差点はランナバウト方式である。時間で方向を示すのが、もっとも確実だ。
ふたたび高速道路に入ったが、ナビが行き先を失うようじゃこの先が思いやられる。それに、夜が明けるまでまだ8時間か9時間はありそうだ。いくらなんでもそこまで運転を頼めない。しかも、夜なのだ。眠くなる時間なのだ。
私は眼鏡の緊急修理を決断した。「絆創膏ならあるよ」というY編集長のひと言に、一筋の光明を見いだしたのだった。
一旦、パーキングに入り、絆創膏をもらった私は、眼鏡ケースからおもむろに割れたフレームと指紋でべたべたのレンズを取り出すと、みてくれを気にせず、とにかくレンズが固定するよう絆創膏を駆使した。案外に難しいのは、視界の確保だった。絆創膏の端が少しでも視野に入ると、位置が位置だけに、伸びすぎた前髪以上に煩わしい。
何とかフツウに視力を取り戻した。ルームミラーで確認してみると、無様だった。キャンディキャンディの目が描かれた眼鏡より幾分マシで、ゴルゴ13の眼鏡を掛けるよりもちょっと格好悪いという有様だった。それでも、視界を取り戻したという安堵が、無様な有様を次第に忘れさせていく。
ついでにスペインの道路地図と、晩飯を食い損なったので水やチョコレートをなけなしの現金で購入した。窮地に陥ると、逆に気が大きくなることもある。残り少ないユーロを、しかももう日も暮れたというのに、気前よく使った。このことが、あとあと、ちょっとした事件を生む。
ともかく、この時点では、視力が戻ったこともあって、まだ期待できる未来があった。道は平凡で、景色を楽しむこともできなかったが、台風がやってきた夜のように、私はなんとなくはしゃぎたい気持ちにまで回復していた。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初夢

E240は、3年目の車検前の2008年に乗換ようと思ってる。車検代高そうだし、車検前なら高査定だろう。次のベンツもきっとローンの額据え置きで手に入れられるかも..。 今年は、Cクラスが新しくなる。しか …

no image

俺たちのミッレミリアPart17

ところが、このストレートが途方も無く長かった。 時間のある人はスペインの地図を探してみて欲しい。 マドリッドからコルドバへと向かう高速道路だ。まるで定規で線を引いたかのような直線になっているのが判ると …

DIYで自動運転装置を搭載できる?!

MITテクノロジー・レビューに面白い記事がありました。アメリカ・ネブラスカ大学に通う大学生が、DIYで自動運転装置を作った、という話なんです。しかもDIYにかかったコストはハードウェアのパーツ代のみで …

プジョーは猫足

唐突ですが、プジョーは猫足なんて言われ方をしています。 ですが、早く走ろうと思うとコレが柔らかい。 日本車にありがちな腰砕けではないですが、ロールに多少気を使います。 コーナへの進入は、適度に沈み込ん …

洗車してあげました。

こいつとも、この週末でお別れです。 朝から張り切って洗車してあげました。ベンツを洗車するのは、最後になるかなーとか、またベンツ買うかなーとか。くだらん妄想も一緒に洗い流しました。 最後のドライブは、銀 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー