CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

週刊とんかつランチ~広尾 貴香村(たかむら)編

投稿日:2007年3月15日 更新日:

揚げ物が好きだ。週に一度はトンカツを喰らう。だから腹が出てると言われようが、食う。これから原稿10本だから英気を養わねばとか、昨日原稿10本書いたから栄養取らねばとか、さまざまな理由を付けてでも、食う。ご飯を少なめにしてもらっても、脂の多いロースしか食べない。
脂の摂取量、ヒレよりロースの方が少ない、なんて都合のいいデータをどこかで読んだことだけは、覚えている。というわけで、週に一度は脂っこいお話をしましょ。まずは近場からじわじわと攻めていきたく。広尾駅から天現寺橋の交差点に向かって徒歩3分。広尾 貴香村にはじめて行った。ひつこいけれど、以前に通りかかったとき、外のメニューボードにカツカレーが載っていたから、気になってはいたのだ。
ようやく、行く機会に恵まれたわけだけど、初めてのトンカツ屋さんでカツカレーもどうかと思い、いつもの如く、一番高いロースかつ系のメニューを探す。ちなみに、初めての店では一番高いロースかつ系を食べることにしている。それでがっかりならもう行かなくて済むし、美味かったらまた来てランチメニューにトライすることもできるからね。
で、千八百円也のロースかつ膳を注文。おばさんの愛想がめっちゃいい。ご飯少なめ、って言ったら、ちょっと笑われた。「そんなお腹しはってからに」ってか?あはは、そうだわな。店の雰囲気、ちょっと変わってる。昔はイタリアンかなんかやったんとちゃう?ラウンドしたカウンターに、テラス気味のテーブル席など、どう見てもトンカツ屋さんじゃない。まあ、雰囲気で食べるもんでもないから、ええけど。
待つこと、しばらく(すぐ出てくるトンカツ屋さんはだめだ。ちょい首が長くなる方がいい)。出てきたのは、ドレッシングに浸らないよう網に載せられたカツ、ご飯、みそ汁、ひじきの和え物、おしんこ。ソースは3種類で、ウスター、とんかつ、ゴマだれ、という内訳。塩が特別に用意されているのは、○。

肝心のカツの色は、やや濃いめのキツネ色。二度揚げ流やね。しかも、衣が薄い。個人的には、美味い衣もしっかりと味わいたい派、なんやけど。
やまと豚を使っているらしい。肉質はむっちり系。ほどよい甘みの脂身と一緒に食する分には舌応えアリだが、火の通りが良過ぎるのか、身だけどいただくとちょっとパサついた印象。なんとか好みの範疇だけど。ソースの味も、キャベツも、付け合わせはごくごく標準レベル。
1800円の価値があったかと問われれば、ぎりぎりかな。立地を考えると、まあ妥当やろね。今度は、迷うことなくカツカレーを食べてみようと思えたという点では、収穫アリ。
●乗ったクルマ
・ランボルギーニガヤルドスパイダー(きれいな黄緑。新車はヤレてなくていいね、やっぱり)
・アウディTTクーペ
●書いたクルマ
・フォードGT、コルベットZ06、M・ベンツSLクラス、など
●読んだ本、雑誌
・誘拐の果実(真保裕一)
●食べたもの
・広尾 貴香村のロースかつ膳

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

ちょっとヤバイかも・・・

1月26日売りのGENROQ3月号(三栄書房)にて、筑波サーキットタイムアタックの様子が リポートされている。ドライバーは清水和夫さんと田中哲也さん。他誌のテストでは既に1秒台 (ダンロップタイヤ)に …

no image

もうお酒は飲みません・・・?!

夕方、同業のW君と神田神保町で対談。大好きなXXXの話(次号のUOMO乞う期待!)で大いに盛り上がり、そのまま担当編集Iさんと一緒に麻布十番の名店「かどわき」へ。 政財界・芸能人御用達の、有名な和食割 …

差し押さえた日産GT-Rの再利用

https://www.facebook.com/GuardaNacionalRepublicana/posts/3825559640875060 より ポルトガル共和国国家警備隊のFacebook …

no image

渋滞に嵌りながら

先日、仲間内で通販の話が話題になりました。 TVじゃなくてインターネットの方。 同じモノが、店で買うより安いから、最近じゃあインターネットで買うんだと言うんですね。 実ブツみたけりゃ、近所の店でみるだ …

ピエヒ元VW会長は排ガス規制偽装を知っていた?!

日本ではさほど騒がれなくなりましたが、VWのディーゼル車における排ガス規制偽装の続報です。昨日ドイツのDer Spiegelが、フェルディナント・ピエヒ元会長(写真右側)がドイツ警察当局に明かした内容 …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー