CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型MLはオフローダー Part1

投稿日:

M・ベンツらしさも得た実力派

オフの王者Gクラスと違って、オンロード志向の強いSUVとして生まれたはずのMクラス。前作は、最後の方は良かったけれど、どうしてもトラックくささの抜け切らぬ、あかぬけないオンロードSUVでした。もっさりしたハンドリングなんかは、個人的には個性だと思っていましたけどね(笑)。BMWのX5とかと比べられた日には、太刀打ちできません。これがM・ベンツ??と思った方も多かったはず。


もうそんな心配はいりません。2代目、見紛うことなくM・ベンツです。めいっぱい、フルフル、120%。特に高速道路。ML500をテストコースで試しましたが、180km/hとかでもへっちゃら(でしょう)。ぜーんぜん恐くない。その圧倒的な安心感たるや、M・ベンツそのもの。びっくりしました、これほどまでとは。
スタイリングは見ての通り、Mらしらを残しつつも、新型Sクラスにも見られるような最新M・ベンツトレンドをブレンドしたもの。VWトゥアレグのようなプレーンな押し出しの強さはありませんが、M・ベンツらしいいかつさはありますね。特にスポーツパッケージのグリル・・・速そうだ(笑)。
タウンスピードでのねちっこい走りもM・ベンツ。デカいけど取りまわしがいいので扱いはよいなんてところもM・ベンツ。すぐに体になじんで、方向転換なんかも初乗りでするするできてしまうのもM・ベンツ。悔しいけど、出来の良さを感じさせるM・ベンツ。
ただ、BMW7シリーズにも採用されているステアリングコラムからニョキっと生えた電子セレクターレバーは、慣れが必要。といっても、まあ、1日も掛からないけれど。ウィンカーレバーと今更間違う人もそういますまい・・・。
オンロードの実力もさることながら、磨きが掛かったという点ではオフロード性能の向上も見逃せません。仕組みはまるで違うけれど、同じグループのグランドチェロキーも顔負けのオフローダーです。
特にML500に用意されている42万円のオフロードパッケージ仕様。数々の電子デバイスとともに、エアマチックサスを導入しました。3段階でマックス110mmも車高を高くできますから、日本でやっちゃいけませんが、川渡りなんかもラク。しかも高速走行時には車高が下がって安定させる機能もついています。
ムービーは、ダイムラー・クライスラー・ジャパンの広報マンが運転するMクラスです。いやぁ、自分で運転するのもスリリングですが、周りで見るのもスリリングなダートコースです。Mクラスの性能の凄さがお分かりいただけるでしょう。
次回も、この続きを!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェラーリ販売店の不当解雇訴訟が大問題?!

アメリカ・フロリダ州のフェラーリ正規販売店「Ferrari of Palm Beach」に対して、元営業マンから不当解雇の訴訟が争われています。しかし、もう不当解雇の論点よりも、訴状に書かれているほか …

no image

グランセニック試乗会パート1

ルノーの新型モノスペースモデルを試乗 グラン セニックは、メガーヌベースのモノスペースモデル。このカテゴリー、ヨーロッパでは日本の5ナンバーミニバンのようなウケ方をしている。シトロエンクサラピカソやオ …

no image

“究極のRX−8″と呼べる「タイプRS」が追加された

しばらくフルモデルチェンジはないだろう、と思わせる出来映え デビューは’03年4月だったから、もう5年半も経っている。それでも古く感じさせないのはデザインの勝利、もしくはこのクルマがやっぱ …

no image

マイナーチェンジしたM・ベンツSLクラス

狙い目はエントリーモデルのSL350 “キング・オブ・オープンカー”M・ベンツSLクラスの今回のマイナーチェンジにおいて、最も注目すべきグレードは何かと問われれば、SL63AM …

no image

久々の三菱車、アウトランダー誕生!

売れ行きは好調のようです 新しいプラットホーム、新しいエンジン、新しいミッション。まあ、ヒュンダイとの協力関係もあったりするけれど、とにかく三菱が大事件後はじめての新型車を発表しました。

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー