CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report へぇ 時事暴論

完璧なレストアはしない、ランボルギーニ・ポロ・ストリコ?!

投稿日:

CNA LUXUARYというサイトに不思議な記事がありました。タイトルの通り、ランボルギーニのレストア部門である「ポロ・ストリコ」率いる、パオロ・ガブリエッリが「オリジナルにこだわる=新車出荷時を重んじる」旨の発言を強調したものなのです。つまり、完璧だとオリジナリティを失う、と・・・。

まぁ、分からんでもないんですよね、ポロ・ストリコに入庫する車両は機械生産ではなく、手作業で組み立てられた時代のものばかりですから。ボディパネルは木型を使って手で叩いて作られていましたから理屈上、同じものは存在しなかったのです。

また、オーナーズマニュアルのミスプリントや誤った文法も、再出版する際は、あえてオリジナルにこだわり修正しないそうです。これはなんとなく理解できるんですが、ボディやメカニカルな面でのリフレッシュは完璧であって欲しいと思いますがねぇ・・・、特に約18か月の時間と概ね5000万円と言われている出費を強いられるのですから。

いずれにせよ、巷のショップでレストアするのと、ランボルギーニ社でレストアするのではスタンスも違えば、車両に与える付加価値も変わる、ということなのでしょう。つまり、ランボルギーニ社ではオリジナルの“ヒューマン・タッチ”を重んじる、と・・・。自動車王国は常に穿ったスタンスなので・・・、「クレーム防止」に聞こえたことを率直に申し上げたく存じます(笑)。

そして、最近はニスモがスカイラインGT-R(R32、R33、R34)のリフレッシュプランを発表したり、マツダがRX-7のパーツを再販売を発表したり、と自動車メーカーが過去のクルマと向き合うようになっていることは喜ばしいことですね。

と同時に、ホンダがずっと昔から提供しているNSXリフレッシュプランの凄さを、もっと賞賛すべきだな、と思う今日この頃です。何と言ってもホンダほどの大量生産メーカー(ランボルギーニと比べたら)が、このようなプランを用意することはほぼ奇跡です・・・。

それにしても、この動画からホンダの実直さは伝わるものの・・・、ランボルギーニのようなカッコ良さは皆無ですねぇ(笑)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, へぇ, 時事暴論
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

姉さん、事件です!オーストラリアで・・・

自動車王国が尊敬してやまない、TOP GEAR。本家本元のショーだけでは飽きたらず、 ご当地TOP GEARなるものが世界各国で放映されています。アメリカ、オーストラリア、 韓国、中国・・・、なんで日 …

no image

ミニクラブマン、いよいよ追加されます!

ミニのラインナップが増えます。 正式発表は今秋のフランクフルトモーターショーですが、写真やビデオが出回っています。 全長は240mm長くなり、後席のレッグスペースは80mm拡大。 当然のことながら荷室 …

戻ってきちゃった…

もう会いたくなかった。 コイツのことは忘れて、新しいヤツを探そうと思っていた。 でも、やっぱりコイツとは離れられない…。 なんか演歌くさいが、コレが今の気持ちかもしれない。 リザーバータンク&ホース類 …

no image

ミニオーナーは一味違う!

ミニオーナーと、そうでない人の違いをイメージで表現しています。 キレイな道を走る、性能を比較する、お買い得感を感じさせる、ことは一切ありません。 こういった捉え方、今後の自動車メディアにも参考になりま …

日産ティアナの2代目流出中

日産ティアナは平成15年にデビューし、モダンインテリアをウリに好調な販売を記録した。 そんなモデルの2代目のカタログが、なぜか海外で流出している。 もっと写真を見るにはコチラ

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー