CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ

新興EVメーカーにピカピカの女性役員が就任!?

投稿日:

2019年、フォードはRivan(ライヴァン)というアメリカのEVスタートアップに5億ドル投資しました。アマゾンは7億ドルを同年2月に、そしてコックス・オートモーティブが9月に3億5000万ドル、T. Rowe Price Associates, Incが率いる投資ファンドは12月には13億ドルの投資を行った会社です。物凄い資金調達能力です・・・。あっ、ブラックロックの資金も入ってますね。

フォードの目論見は、Rivanのプラットホームを用いたリンカーンブランドへのEV供給でした。過去形なのはつい先日、その計画を白紙撤回したんです。とはいえ、フォードとしては、Rivanとの関係に終止符を打ったわけではなく、当初のリンカーンブランドへの供給を白紙撤回しただけ、とのことです。

また、Rivanの取締役として、フォード・オートモーティブを率いていたジョー・ヘンリックスが派遣されていたのですが、2月に突如退社。フォードのジム・ハケットCEOとジム・ファーリーCOOと馬が合わなかった、とも噂されています・・・。まっ、日本に限らず、世界中どこでも出世競争にはいろんな話が飛び交うものです・・・。

そんなRivanの取締役の空席を埋めるべく抜擢されたのが、アレクサンドラ・フォード・イングリッシュさんです。

2017年からMBAインターンとしてフォードのモビリティプログラムに参画。間もなくして自動運転部・部長、2020年2月にはコーポレート・ストラテジーの部長に昇格です・・・。インターン前はトリー・バーチGapとファッション界にいらっしゃたんですけどね。

スタンフォードで生物学部を卒業後、ハーバードでMBAを取得、という経歴の持ち主。まぁ、それ以前に「Ford」の名前がつくことからピンときますよね?ええ、フォードのビル・フォード会長の愛娘です。いやぁ、ピカピカな経歴にピカピカな家系・・・。

フォード家の家系図なるものが・・・。まずはWikiからご覧ください。

Rivanではフォードで培ったモビリティ、自動運転などのノウハウを生かして・・・、なんてコメントをジム・ハケットCEOはしていますけど、どーなんでしょうね?なーんか、フォードから遠ざけた人事のように聞こえなくもないですが、出資者の面々を見ればわかるように期待値の高いRivanだけに目が離せません。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

次世代M・ベンツEクラスが流出!

詳しいスペックなどの情報は一切ありません。 とにかく、これが新しいEクラスだとか。 なんかリア周り、違和感ありますね・・・。 いつの日か見慣れるのでしょうか。

no image

オーテックバージョンのZ期間限定発売

フェアレディZバージョンSTタイプG 40代以上のクルマ好きには、たまらんのじゃないでしょうかマルーンのボディカラーにGの文字・・・。240ZGを思い出させます。5月31日までの期間限定販売車です。

no image

GT-Rのナラシ 開始

出荷前に“アタリ”つけのテスト(例えばブレーキは軽く塗装されていて、それを削るようにテストするらしい)が施されているとはいえ、ナラシは必要らしい。何でも「2000kmまでは全力NG」のお達しが、水野さ …

聖地で抜群に売れているマツダ・ロードスター

マツダ・ロードスターは日本が誇る、国産ライトウェイトスポーツカーです。 「人馬一体」というコンセプトは謳い文句ですが、的確に車の性格を言い当てています。 爆発的な加速力とは無縁ですけど、ホント見事にド …

中国メーカーの傍若無人ぶりを感じる1台

中国の北京汽車工業(BAIC)は、子会社BAWを通じてサーブの現行9-3、 旧型9-5の知的財産、パワートレーン技術、生産ラインなどを購入したことで 日本でもその名がニュースで登場しました。 そんなB …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー