CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ

新興EVメーカーにピカピカの女性役員が就任!?

投稿日:

2019年、フォードはRivan(ライヴァン)というアメリカのEVスタートアップに5億ドル投資しました。アマゾンは7億ドルを同年2月に、そしてコックス・オートモーティブが9月に3億5000万ドル、T. Rowe Price Associates, Incが率いる投資ファンドは12月には13億ドルの投資を行った会社です。物凄い資金調達能力です・・・。あっ、ブラックロックの資金も入ってますね。

フォードの目論見は、Rivanのプラットホームを用いたリンカーンブランドへのEV供給でした。過去形なのはつい先日、その計画を白紙撤回したんです。とはいえ、フォードとしては、Rivanとの関係に終止符を打ったわけではなく、当初のリンカーンブランドへの供給を白紙撤回しただけ、とのことです。

また、Rivanの取締役として、フォード・オートモーティブを率いていたジョー・ヘンリックスが派遣されていたのですが、2月に突如退社。フォードのジム・ハケットCEOとジム・ファーリーCOOと馬が合わなかった、とも噂されています・・・。まっ、日本に限らず、世界中どこでも出世競争にはいろんな話が飛び交うものです・・・。

そんなRivanの取締役の空席を埋めるべく抜擢されたのが、アレクサンドラ・フォード・イングリッシュさんです。

2017年からMBAインターンとしてフォードのモビリティプログラムに参画。間もなくして自動運転部・部長、2020年2月にはコーポレート・ストラテジーの部長に昇格です・・・。インターン前はトリー・バーチGapとファッション界にいらっしゃたんですけどね。

スタンフォードで生物学部を卒業後、ハーバードでMBAを取得、という経歴の持ち主。まぁ、それ以前に「Ford」の名前がつくことからピンときますよね?ええ、フォードのビル・フォード会長の愛娘です。いやぁ、ピカピカな経歴にピカピカな家系・・・。

フォード家の家系図なるものが・・・。まずはWikiからご覧ください。

Rivanではフォードで培ったモビリティ、自動運転などのノウハウを生かして・・・、なんてコメントをジム・ハケットCEOはしていますけど、どーなんでしょうね?なーんか、フォードから遠ざけた人事のように聞こえなくもないですが、出資者の面々を見ればわかるように期待値の高いRivanだけに目が離せません。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

自殺願望ある鳥の無謀横断?!

本気で何を目指して「歩いている」のか意味不明な鳥の映像がアップされていました。 いやぁ・・・、人生に目標が持てず自暴自棄になっているんでしょうか?それとも失恋でも?(笑)。もう飛ぶことに疲れてしまった …

次期BMW M5のニュル走行を激写!

結構、出回っていたんです、BMW M5のスクープ写真は。 カモフラージュの隙間から、単なる5シリーズでない雰囲気が出ています。 でも、あまりに分かりにくかったので、あえて取り上げてきませんでした。 し …

「駆け抜ける歓び」を奪うBMW車?!

BMWはいつの時代もキャッチコピーがオシャレです。ちょっと前までは「Freude am Fahren(駆け抜ける歓び)」というのが、個人的にも心にグッと来ていました。実際、BMW車のリアウィンドウにま …

no image

走れて、使えて、広いラクティス

いずれはワンメークレースも開催? 2世代目ヴィッツの変り種第1弾。写真で見たときには、ノートのトヨタ版かと思っていたが、現物はさにあらず。どちらかと言えば、ハイトワゴンを無理やりノート風に見せたって感 …

マクラレンの執念を感じる軽量化

つい先日、マクラレンMP4-12Cが正式に披露されました。 マクラレンF1が凄かっただけに、それを超えなければならないMP4-12Cは大変ですよ。 自動車王国が注目したのは、ダッシュボード内のマグネシ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー