CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

最高出力728psのトヨタ・カムリ?!

投稿日:

camry_old.jpg
トヨタ・カムリは日本よりも、アメリカで人気の”スーパー・大衆車”です。
ホンダ・アコード、トヨタ・カムリは大衆車セグメントにおける2大巨頭です。
最近は韓国・現代がこれら巨頭の地位を脅かそうとしているようですが・・・。
そんなトヨタ・カムリの4代目(V30型)の最高出力が728psってどういうことでしょう?
NASCAR仕様の特別モデルでもあったんでしょうか?(笑)
わざとらしいフリですいません!


カナダのDynamotorsportsというチューナーの”作品”だそうです。
3lV6エンジンにはカスタム・インテーク、エキゾーストマニホールド、HKS製ターボ
チャージャーなどがぶち込まれています。
個人的にはこの手のカスタム、好みです。
ボディはノーマルで、見るからに何の変哲もないカムリなんです。
それが走ると728psのパワーでアスファルトを掻き毟るんです。
あの「つまらない」、「遅い」、「ファミリィセダン」が・・・、スポーツカー顔負けの走り(笑)。
「羊の皮を被った狼」という使い古されたフレーズは、こんな車のためのものです!
Our View
This is the car you should describe as “the wolf wearing sheep’s clothing”.
An old boring looking Toyota Camry… you expect nothing from this car.
But Canadian tuner Dynamotorsports decided to fit a 3.0-liter V6 engine with custom intake and exhaust manifolds, a big ol’ HKS turbo and a whole lot of boost.
The end result: a Camry that puts down 728 horsepower! Brilliant!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

すべては差別化を求めたがために・・・

ホイール交換することで、車のイメージはガラリと変えられます。 走りを追求するための軽量ホイールへの交換、というチューニングもありますけど・・・。 一瞬、フォトショップで加工された写真かと思いました。フ …

トヨタ/レクサス・バルブスプリング問題に思ふ

最近、トヨタ/レクサスではリコールが頻発していますねぇ。 リコール隠し疑惑から一転して積極的にリコールすることで訴訟リスク回避、 そしてトヨタ/レクサスブランドへの信頼回復を図っているのでしょう。 し …

M・ベンツを「訴えてやる!」って意気込むアメリカ

どこまで信憑性があるのか不明ですが・・・、集団訴訟が起こっているのは事実です。 BENZBOOSTというサイトには告訴状がアップされています。 AMG63エンジン(M156)は同社初の自社開発エンジン …

タイの大洪水からようやく復活したホンダ

タイの大洪水が収束してから6か月経ってようやく、アユタヤにあるホンダの工場が稼働したそうです。タイはアジアの自動車生産拠点を目指しているだけあって優遇政策がとられていて、色んなメーカーが進出しているん …

no image

こっそり日産GT-R対新幹線

相模ナンバーって・・・広報車じゃないですよねぇ。 協力した人、ちょっとうらやましい。 彼らのサイン、もらったのでしょうか。 Part1 Part2 Part3 Part4 ああ、なんかGT-R欲しくな …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー