CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

F1の皇帝が愛娘のためにちょっとお買い物?

投稿日:

アメリカのゴシップサイト、TMZによるとF1の皇帝、バーニー・エクレストンが次女のために
大きな買い物をしたそうです。どのくらい大きな買い物かって・・・、ムチャクチャ大きいです。

このビデオに登場するオバちゃんこそが、大豪邸の現所有者です。
ビバリーヒルズよりも高級とされる、ホームビーヒルズ(ビバリーヒルズの隣)という場所に
あるそうです。彼女の名前はキャンディ・スペリング。ハリウッドの名プロデューサー、
アーロン・スペリングの奥様で作家です。スペリング家の娘はドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」
にも出ていたトリ・スペリングです。分かります?
Bernie_Ecclestone_Petra_Ecclestone.jpg
2009年から売りに出しているようですが、ようやく買い手が見つかったとか。
その買い手が、バーニー・エクレストンの次女、ペトラ・エクレストン(22歳、写真右)です。
デザイナーではありますが、「自称」というレベルなんでパパが買ってくれたんだと思います。
ちなみに2009年時の提示金額は1億500万ドル!!エクレストン側の入札価格は7500万ドル
と噂されていますが、最終価格は現在交渉進行中だそうです。
spelling-mansion-in-la_100352459_l.jpg
っで、この家・・・、ギフトラッピングをするためだけの部屋とか用意されているみたいです。
えーっと、駐車場は100台分(笑)。デカかろう偉かろうって白人社会が垣間見られますよ!
ちなみにバーニー・エクレストンの総資産は40億ドル。相続税がキツイのは日本くらいですから、
エクレストン家では代々受け継がれていくんでしょうねぇ。
Our View
According to TMZ, Bernie Ecclestone’s younger daughter is buying a mansion in LA’s exclusive area, Holmby Hills. The property is the mansion built by the late TV legend Aaron Spelling and his wife, Candy. She had put the property on the market in March 2009 at an asking price of $150 million, but given the global economy, she hadn’t had much luck unloading it — until now.
TMZ reports that Ecclestone’s 22-year-old daughter, Petra, put in a bid for the pad at $75 million (daddy’s money, we assume), and apparently Candy has taken the bait. No word on the final price, but the deal is now in escrow. The estate has a bowling alley, beauty salon, several gift-wrapping rooms and parking for 100 cars.
How I wish my father to be this filthy rich…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

美しく香るタイヤ・・・

女性ユーザー向けに、クンホ(韓国のタイヤメーカー)が世界初の”香る”タイヤを作ったんですと。 いやぁ、アメリカやイギリスでは大騒ぎです。ってーか、何なんっすかね・・・。 ラベン …

no image

デトロイトモーターショー

やっぱりエコの流れは世界中のものです。 でも、やっぱりアメリカではハイパワーモデルや、ゴージャスモデルもお披露目されています。 いくら不景気でも、底力を感じさせてくれますね。 ダッジバイパーACR1: …

意図的に中東で発表される日産車

日産パトロールが中東、アブダビで発表されました。 オイルマネーが連想させるお金持ちなイメージ、そして現実的に砂漠で活躍する車として、 アブダビはパトロールのイメージにぴったりなのでしょう。 搭載するエ …

ジェットスキーの運搬にはキャリアが重要

ジェットスキーを荷室に積み込むまでは良かったんですけどねぇ・・・。 いやはや、撮影しているボートに乗っている人たちは大爆笑ですよ。

監視時代の到来は避けられない?

個人的に監視カメラが氾濫した時代は、ジョージ・オーウェルの小説「1984」のようで不気味に思います。誰が、いつ、どこで、何をしていたか、監視する側(主に国家権力)に筒抜けの状態って「プライバシーの侵害 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー