CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

計算で外してきた?日産の思惑はどこに?

投稿日:

11-infiniti-g37-ipl-stock.jpg
日産が海外で展開しているのが、インフィニティ・ブランドです。
っで、アメリカ・ぺブルビーチで「インフィニティ・パフォーマンス・ライン(IPL)」遂にデビュー!
噂されていたのはBMWの「M」、アウディの「S」、M・ベンツの「AMG」の流れです。
いわゆるメーカーの手による、チューニングカーのようなポジショニングですね。
しかし、登場したIPL G37クーペは・・・、単なる”スポーツパッケージ”の雰囲気が否めません。
最高出力はノーマル比+18ps、エアロパーツを身に纏い、大きなホイールを履いています。
サスペンションのスプリングも引き締められているそうですけど、
ドイツ勢のような”純正チューニングカー”ではありませんね。
<<<以下、妄想>>>
理想を追求して計算してみたら、意外と高くなってしまった

「この値段ならGT-R買うでしょ」という社内の意見が多かった

GT-Rで日産の凄さはアピールできているから、
無理に欧州勢の高額セグメントに食い込む必要はないと判断

通常よりちょっと高い(利益率も)価格帯に新しい需要を見出す

っで、IPL誕生
いつでもGT-R譲りの、ハイパフォーマンスカーに仕上げることはできる。
だったらニッチを攻め込んでみる、ってな感じでしょうか?
12-infiniti-g37-ipl-stock.jpg
吉と出るか凶と出るか・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンジローバーの40年を振り返る

4駆のロールスロイス、イギリス最高峰のSUV、なんでもいいけど、まぁ歴史的存在ではあります。 初代BMW X5(レンジローバー3代目と同じプラットホーム)以降、昨今のSUVらしからぬ走りが 当然の流れ …

人間が避難して37年後の廃墟に映る車

あるところには、あるもんですねぇ。トヨタ・ディーラーに眠ったままの、セリカやカローラ・・・。 今回、取り上げるのは36年間、時間だけが流れていったキプロスの写真に注目しました。 キプロスのなかでも、国 …

美しく香るタイヤ・・・

女性ユーザー向けに、クンホ(韓国のタイヤメーカー)が世界初の”香る”タイヤを作ったんですと。 いやぁ、アメリカやイギリスでは大騒ぎです。ってーか、何なんっすかね・・・。 ラベン …

世界最速記録を樹立したXXX、うーん恐るべし

はい、世界最速の芝刈り機です(笑)。 日本ではゴルフ場なんかでしか見かけませんけど、 ボクが住んでいたオーストラリアでは学校の校庭整備、 農場タイプ(農家ではないが)の住居なんかでよく見かけました。 …

ブガッティとコラボしたベルトのバックル屋

タイトルだけでは「何のこっちゃ?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。 ベルトのバックルです。超高級バックルなるものが存在するんですねぇ、知りませんでした。 高級時計で有名なスイス、ジュネーブに本拠地 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー