CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

レクサス初のハイブリッド専用モデルHS250h

投稿日:

ある意味日本初の小さな高級車

レクサスHS250hレクサス初となるハイブリッド専用モデルがこのHS250hだ。レクサスのハイブリッドといえば、これまでにもGS、LS、RXで展開されてきたが、いずれもガソリンエンジンバリエーションに追加されたいちグレードという位置づけだった。直4エンジン搭載のFF(前輪駆動)サルーンという点でも、レクサス初めてとなる。


レクサスHS250hご覧の通り、プリウスをもう少しセダンらしく仕立て直したようなスタイル。サイドウィンドウのデザインがとてもレクサスらしい。ちなみに、この顔つきは今後のレクサスブランドのトレンドになりそう。
高速走行時の快適性や燃費にも留意して、プリウスよりもひとまわり大きい2.4リッターアトキンソンサイクルエンジンに、トヨタ独自のリダクションギア付ハイブリッドシステム(THSⅡ)を組み合わせた。エコドライブを推奨する各種インジケーターや、ノーマル/エコ/パワー/EVと選べる走行モードを備えている点も、プリウスゆずり。
レクサスブランドにふさわしく、インテリアのデザイン、マテリアル、質感ともにクラス最高レベルにあると言っていい。情報開示のディスプレイゾーンと操作系のオペレーションゾーンを区分けする方法はRXシリーズ以来のレクサスインテリアの文法だ。なかでも、フローティング造形のセンタークラスター周辺のデザインと機能性が秀逸。ヘッドアップディスプレイを備え、視線移動を抑えつつ、各種の操作ができるように。また、ポップアップ方式のナビ画面を操作する”リモートタッチ”の使い勝手もRX同様、かなり良好で、この周りだけでも自分のクルマに欲しいと思わせる。
レクサスHS250h
機能面ばかりではない。デザインやそれに併せた革巻き、ステッチの入り方やカラーコーディネートの鮮やかさには目を見張る。ちょっと国産車ばなれした雰囲気である。パッケージング的にはまずまず。後席のスペース、特に足下が不満だが、大人が窮屈さを感じるほどではない。トランク容量は少なめ。
このインテリアとハイブリッドシステムの組み合わせをみるにつけ、日本で初めて、小さな高級車が生まれたとさえ思った。これで走りの質感とスタイリングにもう少し磨きが掛かれば言うことナシ、なのだが・・・。
レクサスHS250hこのスタイリングには、どうも気分が盛り上がらないが、あきらめて乗り込む。するとどうだ。インテリアの方でワクワクさせてくれるじゃないか。かえすがえすも、凡庸なスタイリングが惜しい。内装だけ色気があるというのも、小さな高級車のひとつの手法ではあるのだが・・・。まあ、そこは好みの問題、売れているのだからヨシとしよう。
プリウスと同じように、無音でドライブは始まる。EV走行の間は、とにかく未体験ゾーン(といっても、今やもう何十万人も経験済みだが)で、重量物がヒューゥウウーと動くサマは乗っていてまず面白い。プリウスと違うのは、やはり乗り心地の重厚感だ。静粛性の高さと相まって、しずしずと高級車らしく走る。18インチのバージョンSでは少し硬すぎる気がするが、17インチモデルなら適度にソフトで乗りやすい。
ただし、相変わらず、重量物の上に乗って操っているような、二段デッキのクルマに乗っているかのような、そんな違和感がプリウスほどでないにしろ、残っている。ステアリングホイールの手応えがきっちりある分、その印象が強く出る。バージョンSではさらにその傾向が強い。このあたり、まだまだ洗練させて欲しいものだ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

ザフィーラの燃料電池車に乗った

水素で走る環境に優しいクルマ開発中 新型ザフィーラの試乗は前回お届けしたとおりですが、試乗会では旧型ザフィーラベースの燃料電池車、ハイドロジェン3に同乗試乗させてもらいました。

no image

海外試乗で新307にも乗りました

フロントグリルは全プジョー車共通 プジョー407クーペの海外試乗と同じタイミングで用意されたのが、この307マイナーチェンジ仕様。アップするまでちょっと時間かかりましてスイマセン。さて、307のマイナ …

ドイツで「テスタロッサ」の商標否定!?

クルマ好きの皆さんが「テスタロッサ」と聞けば、思い浮かべるのはフェラーリのテスタロッサですよね?そんなテスタロッサの商標をめぐって、ドイツで面白い判決が出た、とドイツのSPIEGELが報じています。 …

no image

マイナーチェンジしたM・ベンツSLクラス

狙い目はエントリーモデルのSL350 “キング・オブ・オープンカー”M・ベンツSLクラスの今回のマイナーチェンジにおいて、最も注目すべきグレードは何かと問われれば、SL63AM …

ハイブリッドも、そうでないクルマも進化中

省エネであることが低燃費につながる ハイブリッドカーに採用されている技術はすべてが専用開発されたもの、というわけではありません。従来の内燃式エンジン搭載車で培った技術、そしてハイブリッドカー専用に開発 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー