CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

クーペのようなVWパサートCC

投稿日:

日本におけるVWのフラッグシップ車というポジショニング

ヨーロッパで最も売れているミドルクラスサルーン&ワゴンのVWパサート。その圧倒的に大きな母体を背景に、今後はさらなるスペシャリティ市場も見込めると踏んだのだろう。4ドアセダンだがクーペのようにスタイリッシュで高性能なサルーンCC(コンフォートクーペの略)をリリースした。ご覧の通り、M・ベンツCLSクラスを少し小さくしたような、VWにしては相当にスタイリッシュなモデルだ。背が低いだけでなく、トレッドも拡げられているから、走りにも期待できる。


日本仕様としては2グレード用意された。FFの2l直噴ターボ&6速ATと、4WD(4モーション)の3.6l直噴V6&6速DSGである。後者は価格的にも600万円を超えており、フェートン未導入の日本市場にあっては実質的に乗用モデルのフラッグシップというわけだ。ちなみに、3.6lV6+6速DSG+4モーションというパッケージングは、パサートバリアントR36と同じもの。ただし、走りのキャラクターは変えてある。
間違いなく、パサートCCの魅力はスタイリングの格好よさだろう。切れそうなくらいエッジの効いたサイドラインが、流麗なシルエットをさらに印象深く演出している。個人的には、外見と同じくらい気に入ったのがインテリアだ。コクピットのデザインこそノーマルのパサートとほとんど同じ(メーターパネルが異なる)だが、シートのデザインやカラーコーディネート、使われているマテリアルがいい。両グレードともにスペシャリティカーとして十分に通用するレベルに仕立てられている。HDDナビシステムは標準。V6モデルのトリムはウッドタイプ。
さらに、V6にはアダプティブクルーズコントロールやディナウディオの高性能AVシステム、フロントモニタリングシステム、といった先進装備も満載されている。そもそものメカニズムの違いに加えて、これだけの装備が標準でつき価格差100万円というのは、そもそも500万円の2lFFモデルが高いか安いかを別にすれば、かなりお買い得な気がしてならない。どうせ買うなら、頑張ってV6を、と言いたい。
走りに関しても、V6&4モーション&DSGが圧倒的に強力だし、余裕があるし、現代的で新しい。このパフォーマンスの差だけでも100万円差に頷けるかも。ワインディングではちょっとしたスポーツカーならかもれるくらいに俊敏だし、DSGの恩恵もあってギアチェンジを繰り返してのスポーツドライビングも楽しい。さらには高速道路においても、抜群の直進安定性を誇る余裕のグランドツーリングカーとして存分に使える。場面によってはM・ベンツCLS350を上回る実力の持ち主だ。難点は街中での硬さ。もっとも、節々の効いた走りは最新モデルの傾向でもあるが。
対して2l+FF+6ATはといえば、街中こそ乗り味しなやかに、そしてスムースな変速で、実用車としても申し分ない実力を見せてくれるものの、ここイッパツの加速や、高い速度域でのしなやかさに劣っている。ノーマルパサートに近い印象だが、トレッドが広いぶんだけ非力さがストレートに伝わってくるのだ。もう少しパワーがあれば、ノーズの軽さを利用した軽快な走りも楽しめそうなものだが。もっとも、スタイリングと居心地の良さが楽しめればそれでいいクルマと言うこともできる。その場合は、2lでも十分だ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レクサス初のハイブリッド専用モデルHS250h

ある意味日本初の小さな高級車 レクサス初となるハイブリッド専用モデルがこのHS250hだ。レクサスのハイブリッドといえば、これまでにもGS、LS、RXで展開されてきたが、いずれもガソリンエンジンバリエ …

no image

フランクフルト私的ベスト10

独断と偏見で選んでみました! Part1 フランクフルトからこんにちは!・・・となるハズでしたが、諸事情により帰国しております。告知だけしっかりされていたのですが、なかなかアップできませんでした。すい …

石油メーカーの地道な環境への取り組み 【前編】

走りながら環境対策につながる 「一般的にエンジン内部は、走れば走るほどカーボンが蓄積します。人間で例えるなら、血管につくコレステロールみたいなイメージでしょうか」と語ったのは、昭和シェル石油の中央研究 …

no image

リンカーンMKXに乗った

高級SUVのコンパクト版がアメリカから上陸 SUVの本場と言えばアメリカ。そのアメリカで’90年代後半以降、高級SUVというカテゴリーをナビゲーターという大型SUVで席巻したのが現代のリン …

ポルシェがサングラスを無償供与!?

  “ベージュインテリアのポルシェ車に乗るオーナー(リースユーザー含む)に北米ポルシェ社がサングラスを無償供与”という内容の記事がMOTOR TRENDにて報じられていました。何のことやら、 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー