CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

500アバルトは刺激的

投稿日:

昨年、正式に復活したフィアットアウトグループのアバルトビジネス。ヨーロッパでは着実に若年層の支持を集め始めているらしい。
グランデプントアバルトを購入した人のうち、30代までのユーザーが実に6割に及ぶ。若者のクルマ離れはヨーロッパの自動車業界でも問題になっているが、そういった状況下でこの数字は立派だ。
もっとも、アバルトが日本に上陸するにしても、同じように若者ウケするとは思えない。


逆に昔を知る”オトナのオモチャ”になる可能性の方が格段に高い。アバルトへの関心は、ここ日本においては、イタリア人も真っ青なマニアックさである。それを見越した高めの値段設定にならないことを祈るばかりだ。フィアットグループのテスト基地、バロッコのテストコースで始めて実車と対面したボクは、ひと目惚れよりも強烈な、曰く言い難い気分になってしまった。むちゃくちゃに乗り回したい!
もはや正しいラインを走ろうとか、キレイな姿勢で駆け抜けようとか、そんなテクニカルなことはどうでもよくなって、ただアクセルペダルを踏みつけ、向かいたい方向にステアリングホイールをこねくり回し、何が何でも突っ走りたいという心の命ずるまま、それ以外のことなど一切忘れて無心に前進を求める。アンダーも、オーバーも、なーんも関係ない。クルマなんてものは、本来、がたがた言わずに乗っているだけで楽しいもんだと、改めて思い知らされた。能天気なほどに楽しいクルマ。それが500アバルトの第一印象である。
スタイリングからインテリアの造作まで、”運転してみたい”という気にさせる演出が、本当に巧いし憎い。試乗前のプレスカンファレンスで、バロッコのテストコースをプロドライバー(かテストドライバー)が駆って走る500アバルトの映像を見せてもらったが、ダンゴムシが地面からつかず離れず、時に後輪をリフトして、滑るように流れるように走る姿を見ていると、もうそのときすでに”乗りてぇ”な気分になった。
やや高めのシートポジション。ちょっと違和感がある。これはレザーシート仕様で顕著で、クロスシートの場合は幾分緩和されていた。ダッシュボード周りは、ノーマルの500とは随分と違う雰囲気だ。メーターナセル向かって左側、ブースト系と、シフトアップインジケーターが特徴。躊躇わずブーストアップのスポーツボタンを押してスタートした。クラッチペダルを含め、操作系はあくまで軽め。乗り心地も小気味よく、悪くない。これなら街でも存分に乗り倒せそうだ。
テストコースゆえ、周りを気にせずにフルスロットルを試みることができた。135CVの1.4lターボエンジンは確かにパワフルだが、過激というほどではない。もう少し毒気があってもいい気もするが、それは純正チューニングキット”SS(エッセエッセ)”仕様にとってある?! SS仕様は180CVという噂だから、相当に毒々しい走りをみせそう。ちなみに、ローンチ記念限定モデルは160CVで出ることが確定しており、こちらも楽しみ(日本発売は未定)。何せ、1トン前後のクルマなのだから。
このサイズのクルマとしては、高速域でもかなり安定している上、ブレーキング時の姿勢変化も最小限。とにかく何の気兼ねもなくかっ飛んでゆき、そのままドーンとコーナーに迫ってゆける。高い速度を保ったまま、カックーンと頭の向きを変えてコーナーに突っ込んでいくのが、これほど楽しいクルマは他にない。オトナのオモチャとして、最高に楽しめる。本国仕様には、マニエッティマレリと共同開発のテレメトリーシステムも搭載できるようだ。サーキットデータなどを保存して、あとから自分のドライビングを振り返ることができる。GT−Rの開発で活躍したシステムのエンターテイメント版だ。日本仕様にも期待したいが、どうだろうか。
アバルトは、まず今年中にグランデプントアバルトが日本に上陸する予定だ。500アバルトは来春。右ハンドルの予定もある。SS仕様も同時に入るらしいが、すぐに装着できるかどうかは未定。ヨーロッパではオーナーになってから1年、もしくは2万キロでSSキットが購入可能という仕組みになっている。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

8代目ホンダアコードが登場

国産ミドルクラスサルーン/ワゴンは難問を抱えている 万事そつなく仕上げられたセダン&ワゴン、なんてフレーズが決して褒め言葉にならず販売にも結びつかないのが、今の日本市場なんだよなあ。新型アコ …

高級住宅地の道路が私人の手に渡った?!

1948年まで白人専用高級居住地区だった、アメリカ・サンフランシスコ近郊のプレシディオ・テラス。Googleストリートビューで見ればわかるように・・・、今でも豪邸40軒が立ち並ぶ高級住宅地です。ゲート …

no image

悲願のディーゼル再導入、M・ベンツML350ブルーテック

欧州最新ディーゼルターボ車の実力のほどは、M・ベンツの”努力”もあって、徐々にではあるけれど日本でも認められつつある。長距離移動での驚異的な燃費のみならず、街乗りでも案外良かっ …

no image

カタチも乗り味も新しい三菱アイ

動き出してスグに違いが感じられる リアミッドシップレイアウトってコンセプトは、実は’90年代にはあったそうな。サイズの小さな軽自動車の場合、前にエンジンがあるとどうしても前方の衝突安全性能 …

no image

日産フェアレディZがフルモデルチェンジ

これほどコストパフォーマンスが高い車は少ない 今年で生誕40周年を迎える、フェアレディZ。日本が誇る唯一の歴史あるスポーツカーだと言っていい。最新モデルは「Z34」と呼ばれ、6世代目だ。先代モデルと同 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー