CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip グッズ へぇ

ポルシェが本気で電動自転車界に参入

投稿日:

今年1月、ポルシェはドイツの電動自転車メーカー「ファウツァ」(ファウザと呼ぶところもあるようですが、ドイツ語でFauzaは・・・)の発行済み株式20%を取得しました。その際、追加購入のオプションも契約に盛り込まれていたのですが、まさかこんなに早くオプションを行使するとは思いませんでした。ポルシェは6月8日にファウツァの発行済み株式を全取得し、完全子会社化したことを発表しました。

ファウツァは軽量電動自転車の“ドライブトレーン”に強くBottecchia、Canyon、Corratec、 Fuji、Cairn、Herculesなど実に40のブランドにモーターとバッテリーを供給しているそうです。このドライブトレーンはモーター、ギア、センサーを備え静粛性に優れているだけでなく、他社を凌駕する軽さを誇るそうです。8月にリリース予定の最新ドライブトレーン「Fauza Ride60」は最高出力450Wでたったの1.96㎏しかないんですって。

自動車メーカーによる自転車の投入はいつの時代もありましたが、基本的にはライセンス供与ばかりでした。その点、今のポルシェは違いますね。

ポルシェのベンチャーキャピタル法人、ポルシェ・ベンチャーズは2018年からクロアチアの「グレイプ(Greyp)バイクス」の株式を10%保有しており、昨年11月にはポルシェ本体が株式の過半数を取得しています。奇しくも、グレイプバイクスはリマック(ポルシェ、の創業者、メイト・リマックが手掛けている電動自転車メーカーです。なお、リマックとポルシェはJV(前者55%、後者45%)を立ち上げて、傘下にブガッティを収めえています。

もとい。

オランダのポンホールディングス(Cannondale、Schwinn、Cervélo、Santa Cruzなどの自転車ブランドを所有)とJVを立ち上げ、ポルシェの電動自転車のみならず、「マイクロモビリティ」のソリューション提供も行う、と発表されています。

ポルシェによる電動自転車進出は、カーボン・ニュートラル時代において、電動自転車が今以上に流行る、と目論んでいるからでしょう。もちろん、ポルシェ車との親和性もイイのかもしれません。プレスリリースで使われているパナメーラ・スポーツツーリスモと電動自転車の写真、純粋にカッコいいですもんね。

遠出をするのには自動車を使い、滞在先での散策は電動自転車で、というライフスタイルを提案してきても何ら違和感を覚えません。何なら自動車から電動自転車を充電できるようなオプションも提供されるかも?しかも電動自転車なら整備や修理でディーラーへの来店機会も生み出せる?

現在、高級嗜好品はバンバン売れる時代のようです。ポルシェの電動自転車も相当な人気が出るものと予想されます。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, グッズ, へぇ
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

人間が避難して37年後の廃墟に映る車

あるところには、あるもんですねぇ。トヨタ・ディーラーに眠ったままの、セリカやカローラ・・・。 今回、取り上げるのは36年間、時間だけが流れていったキプロスの写真に注目しました。 キプロスのなかでも、国 …

古き良きベントレーを味わえる新型車?!

南アフリカ、自動車開発(公道テスト走行)に寛容なようですね。 「政府公認高速テスト許可」なるステッカーを貼った車両、よくスクープされています。 走行テスト動画、発見したのでアップしてみます。 っで、ベ …

今年のロールスロイス、懐事情は悪くない

エントリーモデル(日本では2900万円・・・)に位置づけられる、ゴーストの投入のおかげか、 ロールスロイスの今年5ヶ月の販売台数は、678台(昨年比146%)と順調のようです。 ファントムよりも身近な …

no image

新開発サスペンションを搭載したスケートボード

スケボーで階段を下りる技は大概、失敗に終わるものです・・・。 ゆっくり下りていけば何とかなるものですが、まぁ迫力に欠けるわけで・・・。 ならば、”どーやって階段を下りるべ?”と …

no image

M・ベンツGLKがいきなりお目見え

アメリカの人気TVドラマ「SEX & THE CITY」のロケ現場で、 来年3月のジュネーブモーターショー発表予定車両が姿を現した。 いやぁ、BMW X3のライバルだけあって、同じく異様なプ …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー