CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

Dymaxionをご存じですか?

投稿日:

dynaxia.jpg
なかなか「コレっ!」と感じるニュースに出会えず・・・、ブログの更新が滞りました。そして、やっと面白いネタに遭遇してブログ再会です。
第二次世界大戦前、アメリカには「Dymaxion」って三輪自動車が存在していたそうです。全長6m、11人乗り、燃費は7.5km/lで、最高速度は144.8km/h。1933年当時の数値ですから、ご立派!百聞は一見にしかず、ということで動画を漁りました。


見るほどにハマります・・・。

バックミンスター・フラーという建築家が作った車なんですって。抜群の小回りと機動力、、とても80年前のコンセプトとは思えません・・・。直感ですけど、河豚を観察して作ったんじゃないでしょうか?
っで、このDymaxion、3台しか生産されず、1台は事故で廃車、1台は1950年代にスクラップ、そして、1台は博物館にて展示されているそうです。ちなみに、2010年にイギリスの建築家、ノーマン・フォスターがレプリカを作って話題になりました。

そんなDymaxionの設計図が6月6日、シカゴでオークションに出品されるんです。予想落札価格は2万~3万ドルだそうです。この車、キットか―として発売したら今でも売れるんじゃないでしょうか?
いやはや、バックミンスター・フラー・・・、気になります。
Our Views
The Dymaxion (its name itself was a mashup of Dynamic Maximum Tension) was conceived by architect Buckminster Fuller, who created the geodesic dome and a number of other architectural innovations. It was 6m long, could seat 11 passengers, got 7.5km/l, had only three wheels, and could top 144.8km/h… considering it was built in 1933, not bad at all!
Of the three examples built, one was destroyed in an accident, one was presumed scrapped in the 1950s, and one survives, though a replica was built a few years ago.
The blueprints themselves are now going up for auction and are expected to fetch between $20,000 and $30,000.

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:

関連記事

AMG、シューマッハ、開発陣・・・

イギリスのAUTOCARがF1チームのロス・ブラウンにインタビューし、ミハイル・シューマッハの今後のM・ベンツ社における役割が明らかになりました。AMGのいわゆるひとつの「ブランド・アンバサダー」なる …

no image

ランボルギーニムルシエラゴを無駄にする方法

実は掲載を見送っていたのですが、今ネット上ではこの動画で話題がもちきり。 いやぁ、実にくだらないんですがね・・・。 街中で1速、2速、3速と小気味良くシフトアップして爆走していくんです。 あのエキゾー …

デカかろう、迫力あろう、よかろう、オランダ

大した反響はありませんでしたけど、個人的に気に入っているブログのエントリーが「デカかろう、迫力あろう、よかろう、アメリカン」です。 まぁ、パイクスピークのおかげでトラックドリフト動画もいくつかあったん …

空撮はここまで簡単綺麗でカッコいい?!

自動車王国では約3年前から、今後の空撮について取り上げてきています。要はラジコン技術(無人偵察機・・・、でもあるんですが)の発達、カメラの高性能・小型化・低価格化、などの恩恵ですね。 ロンドンなんかは …

回生ブレーキならぬ回生サスペンション!

トランスミッションメーカー大手、ZFが回生ブレーキならぬ、回生サスペンションの開発に取り組むそうです。単独ではなく、アメリカのLevant Powerという会社と共同です。まぁ、ZFには申し訳ないんで …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー