CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

「駆け抜ける歓び」を奪うBMW車?!

投稿日:

BMW-Autonomous-Driving-1.jpg
BMWはいつの時代もキャッチコピーがオシャレです。ちょっと前までは「Freude am Fahren(駆け抜ける歓び)」というのが、個人的にも心にグッと来ていました。実際、BMW車のリアウィンドウにまでステッカーが貼られていましたしね。
でも、そんなBMWがドライバー要らずな車を開発しているとか、いないとか・・・。交通事故ゼロを目指すのであれば、自動運転に限るのかもしれません。まぁ、Googleが研究中のトヨタ・プリウス(自動運転車両)は事故りましたけど(笑)。


カメラ、レーダー、超音波、レーザーの4つのセンサーを用いて、車に「目」を与えているんです。目指しているのは究極のドライバー・アシスタンスのようです。例えば近々投入するi3には、渋滞中に自動運転する機能を投入するみたいですしね。
ぶっちゃけ、最近のM・ベンツ車、BMW車の一部には「目」が与えられています。コンチネンタルだか、ボッシュだかが開発しているんでしょうか?車が周囲を常に”見張って”いるんです。ドライバーが見逃しがちなブラインドスポットを補完したり、前方車両に接近し過ぎると注意を促したり、回避不可能な事故の衝撃を最小限に抑えたり・・・、気づけば色んな機能があります。
いつでも自動運転は可能なのかもしれません。でも、導入しないのは・・・、現実が突拍子もなく想定外のことが起こりうるから?はたまた、万が一の誤作動で責任を負えない?
でも、冷静に考えてみれば・・・、ドライバーの操作要らずな自動車って・・・、ピアニスト要らずのピアノ・リサイタルみたいなものなのかもしれません。

凄いんですけど、人が居ない違和感は否めません。と同時に、ピアノ・コンクールの審査員って、ピアニストの動きも評価しているのか疑問が・・・。例えば、世界的ピアニストが弾いた通りにプログラムできるわけで、それを純粋に「音」で評価した場合どうなるんでしょ・・・。
Our View
BMW used to have a famous catch copy “Freude am Faharen (Joy of Driving)” and lately, they are calling their products “Ultimate Driving Machine”. You would think that BMW is fun to drive. But what they are researching is driver-less driving…
The experimental autonomous driving system is currently fitted on a latest generation 5-Series sedan. Aside from the special the software, the system includes vision assistance and detection systems such as lasar, radar, ultra sound and video cameras that monitor the environment surrounding the vehicle.
Autonomous driving system, somehow, reminds me of automated piano… a piano without piano player…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

ギリシャ・コリントス運河をバイクで?!

ギリシャのコリントス運河・・・、紀元前7世紀頃から計画され、ネロ帝時代に一部着手・・・、 ってWikipediaに書いてあって驚きいた次第です。 横幅、約12mの運河の高さは50~60mある断崖です。 …

やっぱりリコール、フェラーリ458イタリア

来ましたぁ!フェラーリ458イタリアにリコールです。今のところ、でもアメリカで、ですけどね。 国土交通省のリコール情報には、現段階では何もありません。 リアフェンダー内のヒートシールドに使われている接 …

no image

VWニュービートルは2011年登場予定

VWビートルは、ドイツの国民車(大衆車)として産声をあげました。 細々とした変更を受けながら58年間に渡って、なんと2150万台も販売されたんです。 それに比べたらニュービートルは短命でした・・・、っ …

no image

激安中古車!ブガッティ・ヴェイロン

アメリカのオークション・ハウス、バレット・ジャクソンでのハプニングです。 2008年式、小傷はあるものの無事故、走行1万2000マイルのブガッティ・ヴェイロン・・・、 なんと70万ドルしか競り上がりま …

マイルス・デイヴィスとランボルギーニ・ミウラ

facebookのP4/5Competizioneというファンページで面白い記事を見つけました。自動車王国でかつてサラッと取り上げたことがある、James Glickenhaus氏の回想録です。 ちょ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー