CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ランボルギーニ・ミウラSVイオタなどなど

投稿日:

LF10_r167_01.jpg
たしかROSSOで粘着質なまでに特集を組んでいた記憶があります。
本物のミウラSVイオタが存在するのか否か、みたいな企画だったと思います。
LF10_r167_02.jpg
イオタの話、ボクには複雑です・・・。
レースマシンとして開発されたイオタのテスト車両は、SVの登場でスクラップが決定。
でも、スクラップされずに、大富豪に手に渡ってランボルギーニの工場でレストア。
その際、シャシー番号5084が与えられた。が、レストア作業中のテスト走行中に事故って炎上。
だから、ミウラ・イオタは幻のクルマなんだとか・・・。
LF10_r167_03.jpg
でもランボルギーニ・ファンからは強い要望を受けて数台、生産しているんですと。
この頃のランボルギーニ・・・、小さな高級工房的存在だったんでしょうねぇ。
VIP顧客の要望には応えていたんでしょう。
だからこそスクラップされるはずの車両が売却され、
そして、作らないと言っていたミウラSVイオタを数台生産。
数台、と記しているのは5台説と7台説があるからです(笑)。
LF10_r167_04.jpg
まぁ、そんなワケわからん部分も、ミウラSVイオタの魅力なのかもしれません。
っで、そんな数台のうちの1台が10月27日、RMオークションズに出品されます。
開催場所はイギリス・ロンドン。
自動車雑誌編集部の方・・・、ボクに行かせて下さい!通訳兼コーディネーターでもいいですっ。
出品されるのはシャシー番号4892。ネコ・パブリッシングの方、要注目です!
自動車評論家・福野礼一郎さんが1992年、カーマガジンで取り上げたクルマだそうです。
それにしても今回の出品リスト・・・、そうそうたるメンツが揃っています。
リストをチェックするにはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

盗難フェラーリF50は日本を経由していた!?

Photo: US Attorney’s office アメリカで1996年式のフェラーリF50を巡って裁判がひらかれるんですって。まぁ、残念ながら高額での取引が見込まれるスーパーカーの盗 …

ブラジルから愛を込めて・・・その3

リオデジャネイロの街で高級車に遭遇する機会は少なかったですが、見応えはありました。 これって初代トヨタ・ランドクルーザーですよね?いやはや、よくぞ生きておられました。 ブラジルといえばサトウキビが有名 …

シボレー・ヴォルトに隠された嘘が明らかに

自動車王国でシボレー・ヴォルト(ボルトって書く人も居ますが・・・)に触れるのは初めてです。 電気自動車がもてはやされ、燃料電池車が理想で、って色々言われていますけど、 コスト面は実用性(特に航続距離) …

マイクロタービンがEVで活躍するのか?!

飛行機のエンジンは翼に付いているもの以外で、胴体後ろにAPU(補助動力装置)というマイクロタービンがあります。APUはメインエンジンを起動するために必要な圧縮空気の供給、また駐機中における各装置(エア …

フェラーリFFは稀少性維持と売上向上策

見れば見るほど、このモデルを投入する必要性があったのか疑問が浮かんできます。 雪道もオフロードもボディクリアランス足りてないし、足回りもオフロードにはソフトなのか、 アンダーボディ・・・、打ってますよ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー