CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

レクサスGX問題、アメリカでの反応は?

投稿日:2010年4月14日 更新日:

「アメリカにおけるトヨタの新たな火種」というタイトルでお届けした、
レクサスGX問題。「横転の危険性がある」とコンシューマーリポートが指摘した話題の続報です。
アメリカの主要自動車サイトを覗いてみたんですけど、反応は至極真っ当でちょっと安心しました。
基本、100km/h近いスピードでコーナーに突っ込んで、特に荷重移動もせずハンドル曲げて
アクセルペダルから足を離せば、どんな車でもあーなるだろ、という反応です。
スタビリティコントロールが車両安定性を確保できていないことが、
コンシューマーレポートが指摘する問題点なのでしょうけど・・・、
優秀な電子制御デバイスとて物理の法則すべてには打ち勝てない、ということなのでしょう。
むしろ、あのドリフト状態に持ち込めることを評価する声もちらほら(笑)。
っで、拾った画像が次の3つです。
<広告風>
340x (1).jpg
素晴らしいパフォーマンス。
たとえ横を向いていても。            いいキャッチフレーズですねぇ。
<画像加工もの>
340x (2).jpg
本当はパーキングセンサーのスイッチなんでしょうけど・・・、スタビリティコントロールと見立てて
「パーティモード」って(笑)。あれだけ華麗なドリフトが決められれば、パーティモードですわな。
<おまけ>
340x.jpg
「コンシューマーリポートが買うなリストに掲載し忘れたトヨタ車」、として紹介されていました。
トヨタの対応はレクサスGXの一時販売停止、GXオーナーには代車を用意ですって。
それだけの影響を及ぼせるコンシューマーリポートのメディア力に、驚きです。
しかし、今回の騒ぎ過ぎなテストに、読者からの信頼を失うことにもなりそうですね。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

詐欺で稼いだお金で嫁にプレゼント

ド派手なランボルギーニ・ガヤルドは、フロリダのヘッジファンドマネージャー、カーク・ライトが 嫁に買った、実際の車両です。ちなみに婚約指輪は600万円・・・。 47件の詐欺(被害者は500名、うち78名 …

スパイカー元オーナー、再起を賭けて挑む

スパイカーのサーブ買収が一転二転したは元経営者、ヴラデミア・アントノフ氏の噂も理由の一つです。 結局、彼が経営権を手放しスパイカーを出る、ということがサーブ買収の条件にもなったんです。 ロシア人大富豪 …

マイバッハ57Sのクーペが投入される!

ドイツのXenatecという会社が、100台を目処に限定生産するそうです。 全長5730×全幅1980×全高1560mm、ホイールベース3390mmのクーペ誕生です・・・。 いやはや、お金持ち需要って …

BMWの秘密の博物館、未公開車も秘蔵

BMW GROUP MOBILE TRADITION、という施設があるんですって…、初耳でした。 そこを訪れたBMWファンが写真、動画をアップしています。 写真を見るにはコチラ いいもんで …

ランボルギーニV12エンジンは35年経て一新

1-12-4-9-2-11-6-7-3-10-5-8から、1-7-4-10-2-8-6-12-3-9-5-11に変わります。 これだけで意味を理解した人は、マニアです! この数字は、ランボルギーニが搭 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー