CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ロールスロイスのマスコットは不倫愛の象徴?

投稿日:

ロールスロイスのラジエーターグリルに配される、マスコットは「スピリット・オブ・エクスタシー」
と呼ばれています。「フライング・レディ」と呼ぶ人もいますし、世界中で最も知られた自動車の
マスコットかもしれません。
そんなスピリット・オブ・エクスタシーが商標登録されてから、先週で100周年を迎えました。
イギリス・ロンドンでは歴代ロールスロイスが記念パレードをしたようで、YouTubeにその
模様がアップされていました。でも、さほど面白いものでもないので自動車王国では
取り上げていませんでした(笑)。


現在、ロールスロイスにスピリット・オブ・エクスタシーを納入しているのは、イギリスのPOLYCASTという会社です。1体の完成までに1週間/人の手間暇が掛かるそうです。
蝋でマスコットを作り、セラミックでコーティングし、蝋を溶かすことで型を起こすんです。
そこに1600℃に熱せられた鉄を流しこんで、冷却。今度はセラミックを剥がし、
サンドブラストし、手作業で磨き上げるんです。

っで、なぜにこのネタを取り上げることになったかといえば、スピリット・オブ・エクスタシー
誕生の秘話に注目したんです。諸説あるとは言われているんですが、最も有力なのは
「エレノア・ヴェラスコ・ソーントン」女史がモチーフだということです。
これはロールスロイスも認めていることですが、今となっては誰も確認できないようです。
エレノア・ソーントンは、イギリス・ボーリューを統治していた領主、ジョン・ウォルター・エドワード・
ダグラス・スコット・モンタギュー(はい、フルネームです!:以下、ジョン・モンタギュー)に
見初められたんです。しかし、彼は貴族。対するエレノア・ソーントンは平民でした。
1902年、二人が出会ったのはエレノア・ソーントンが働いていたRAC(日本で言うところの
JAFのような存在ですが当時、車を所有できたのは一部の大富豪のみ)。彼女は22歳独身で
ジョン・モンタギューは36歳既婚者。禁断の不倫愛が15年間繰り広げられたんです。
MONTAGU3004_468x245.jpg
思いっきり掻い摘むと・・・。エレノアはジョン・モンタギューのアシスタントとして
Car Illustratedという自動車雑誌社で勤務。1911年、友人であるロールスロイスの社長に、
これまた友人であるアーティスト、チャールズ・サイクスにマスコットを作らせよう、と
ジョン・モンタギューが話を持ちかけたんですって。この時のモチーフがエレノアだったそうです。
友人に「やろうよ!」とかけたひと言で、スピリット・オブ・エクスタシーが採用されたとは
意外じゃありません?しかも、不倫相手がモチーフだったなんて(笑)。
二人の不倫愛、ストーリーとしては結構なラブドラマなんです。
①エレノアは身ごもるがシングルマザーの難しさから、子供を養子に出す。
②本妻は二人の関係を知るも、特に興味を示さず。
③インド出張のためエレノアとジョン・モンタギューが乗った船がドイツ軍によって沈没。
 インド出張前、本妻がエレノア宛に「面倒見てあげてね」と手紙を送る。エレノアは本妻宛に
 「人間として出来うる最高のお手伝いをさせて頂きます」と返信・・・。
④エレノアは死亡、モンタギューは36時間漂流したあげくに助けだされた。
⑤ジョン・モンタギューは養子の居場所を突き止め、会っていた。遺言にも財産分与が
 なされるよう手配。ただ具体的に「誰」とは記載されておらず、親族はしばらく分からなかった。
ちなみに2008年、二人をモチーフにした映画「Silver Ghost(はい、乗っていたロールスロイス
です)」の製作発表がなされましたが・・・、途中で頓挫しているようです。
Our View
No one knows how the Spirit of Ecstasy came to life as a mascot on Rolls Royce, for
sure. But here is a nice love story about the Lord Montague who commissioned the
Spirit of Ecstasy. Click here.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスとゴッチンしたフェラーリ・カリフォルニア

バスとフェラーリ・カリフォルニアがぶつかるとどうなるか? 軽い接触事故のように見えますが、ダメージはかなり大きいんです。 バスの重さが、カリフォルニアのフロントアクスルに負荷を与えたんでしょうねぇ。 …

VW+ポルシェエンジン=凄いミニバン

VWトランスポーターは残念ながら、日本に正規輸入されていません。 乗ったことがある自動車評論家に話を聞くと、ものすごく快適で走りもいいそうです。 THオートモービルというドイツの会社が凄いことをやらか …

フェラーリカリフォルニアにターボモデル?!

フェラーリが最後にターボチャージャーを採用したのは・・・、F40です。そう考えると結構、時間が経っていますねっ。YouTubeで捕獲されていたのは、カリフォルニアをベースにしたテスト車両です。 世界的 …

期間限定注意!ルマン24時間ライブ中継中

アウディの走行車両3台の搭載カメラ中継です。 ルマン、あまり日本では注目されていないんですけどねぇ・・・。 世界的にはワールドカップ並みに人気です。 是非、ご覧になってみてください。

ホンダ「プロジェクト2&4」が特許申請!

2015年フランクフルトモーターショーに登場したホンダ・プロジェクト2&4は、2輪と4輪の魅力を融合したゴーカートのような存在でした。まぁ、発売される可能性は無い、とみんなが思っていたのですが …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー