CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

256気筒エンジン搭載の軽量オープンカー

投稿日:

legocar.jpg
LEGOって凄いですよね・・・。子供のオモチャ、という一言では片づけられないほど莫大な世界的需要を抱えているんですから・・・。トミカのプラレールやミニカーにも頑張ってもらいたいものです。
オーストラリア・メルボルン在住のスティーブ・サマーティオ氏、LEGOを使って車を作りたい、とネットで色々声がけをしていたようです。ルーマニア在住のLEGOの天才、ラウル・オナイダ氏と出会い、LEGO車両プロジェクトがスタート。クラウドファンディングで40名のスポンサーが合計約180万円寄付し、50万ピース以上のLEGOで完成したのがこの車です。


256気筒、圧縮空気で走るんです!最高速度は29㎞/h未満ですけど、ご立派!
そういえば圧縮空気で走るクルマとか、水で走るクルマとか、様々なベンチャー企業が一時出資を募っていましたけど・・・、特段何も聞きませんねぇ・・・。

A man from Melbourne, Australia, put together a full-sized hot rod made entirely out of Lego. No fewer than 500,000 of them were used to complete it. Steve Sammartino is his name and his black and yellow creation can be seen in the video posted below; the help of Raul Onaida, a self-taught Romanian teen tech genius.
It uses an actual working engine that’s also made from Legos, and has 256 working pistons that are driven by compressed air. The vehicle is capable of speeds no faster than 18 mph (29 km/h). The entire build cost $18,300, and was founded by over 40 willing patrons who chipped in.
Amazing.
What happened to all those companies who were looking for sponsors with their inventions of water-running, air running cars…???

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シトロエンC5はまるでドイツ車・・・って

ワグナーの曲に併せて、ドイツにおけるフランス人紳士の活躍ぶりが写し出されています。 いやっ、ちょっと不思議なCMですが、なかなかユニーク。 フランス車だって、ドイツっぽい質実剛健ぶりを出せるんだ、って …

4WDにせざるを得ないこれからのAMG

オーストラリアの自動車雑誌「DRIVE」がAMGのエンジン・パワートレイン開発責任者、フリードリッヒ・アイヒラーズのインタビュー記事を掲載しています。そのなかで明らかになったのは、AMGモデルの4WD …

アストンマーティンとAMGが接触?

フォードとアストンマーティンが結んでいるエンジン供給契約の期限は2013年末です。もう、さすがに古いんです・・・。そんななか、イギリスのAUTOCARがすっぱ抜いてきたのは、インベストインダストリアル …

エコカー、プリウスは「安全」「安心」?!

「安全」、「安心」と聞いて、皆さんはどう思われましたか?まぁ、アメリカでの話なんですが、National Insurance Crime Bureau(全米保険犯罪局)が発表した内容で・・・、ちょっと …

最高時速166kmの・・・ラジコン

自動車王国では昨年12月に取り上げた話題ですが続報というか、新しい動画が出てきました。舞台はチューニング業界の祭典、アメリカ・ラスベガスのSEMAショーです。ショーケース内のシャシダイを加速する様、ホ …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー