CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

回生ブレーキならぬ回生サスペンション!

投稿日:2013年8月29日 更新日:

ZFFFFF.jpg
トランスミッションメーカー大手、ZFが回生ブレーキならぬ、回生サスペンションの開発に取り組むそうです。単独ではなく、アメリカのLevant Powerという会社と共同です。まぁ、ZFには申し訳ないんですが、恐らくLevant Powerが主体の事業のように感じます(笑)。
っで、この回生サスペンションですが、油圧式のアダプティブ・ダンピングを用いていて当然、アクチュエーター内には電気モーターを搭載しています。これを使って発電するんですって。基本は路面の状況に合わせて油圧を調整する機構ですが、減衰時の振動から発電!
日本も床発電、振動発電の類、得意とする分野なハズなんで、そのうちカヤバあたりが取り組むんじゃないでしょうか?何がしかの”動き”があれば、そこにはエネルギーロスがあるわけで、そのロスを回収しようとするんだから面白いですよね。街中の宅配便のトラックやタクシーのドアって開閉数、一般的な車よりも多いですから、ドアヒンジでも発電できたりして?
ところでZFが取り組んでいたカーボンサスペンションって、どうなってるんですかねぇ?
Our Views
Regenerative brakes are becoming increasingly popular way to save energy on cars including racing machines. Recently, transmission giant, ZF announced they will be conduct a study, with Levant Power, in the world’s first fully active and regenerative suspension!
The new regenerative suspension will feature an innovative valve technology, which is composed of its own control unit, an electric motor and an electrohydraulic gear pump, that will be fitted to the outside of a ZF-developed damper. The gear pump will regulate the oil flow to the damper, enabling it to adapt optimally and automatically to the driving conditions.
To recover energy, the valve system will automatically use the swaying motion of the damper piston and guide the oil in the damper, driving the electric pump motor, which, in turn, will convert kinetic energy into electricity and feed it to the vehicle’s power supply.
On the side note, I wonder what is happening with the carbon suspension that ZF was developing…

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

BMW M3のテレビCM

ドイツで放映されているものだそうです。 SLはロマンスにしか効かない。 M3コンバーチブルは走る喜びをもたらす、というメッセージだそうです。 SLの無料露出って、M・ベンツは得してる?

空撮はここまで簡単綺麗でカッコいい?!

自動車王国では約3年前から、今後の空撮について取り上げてきています。要はラジコン技術(無人偵察機・・・、でもあるんですが)の発達、カメラの高性能・小型化・低価格化、などの恩恵ですね。 ロンドンなんかは …

政情不安はGMの不安

北朝鮮による度重なる挑発に、日本のマスコミは”落ち着いた”報じ方をしています。一応、北朝鮮船籍の日本入港禁止延長を発表して経済制裁をしています。がっ、北朝鮮「船籍」の入港を禁止 …

テスラがボーイングを助けたいって?!

ボーイング787、エラい騒ぎになっています。それもそのはず、中・長距離旅客機の救世主的存在だったわけですから・・・。航空会社もテンテコ舞いなことでしょう。787が飛ぶ路線で当面の代用機を探さなければな …

no image

ハリウッドが大喜びなタマラ・エクレストンの話題

アメリカ・ビバリーヒルズから車で5分ほどの場所に名門ゴルフコース「ベルエア」(べレアという発音が正解でしょうか?)を見下ろす、超高級住宅街があります。今週頭くらいでしょうか、アメリカのウェブサイトが一 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー