CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ 新車情報

新型VWゴルフを買ってはならぬ?!

投稿日:

golf7.jpg
今月のパリサロン(モーターショー)が正式デビュー場所ですが、9月4日ドイツ・ベルリンでひと足早めに7代目VWゴルフが披露されました。えっ、そんなことをわざわざ報じるの?とお思いでしょう。いやいや、実は新型VWゴルフに関することで日本では報じられていないことがあるんです。それは・・・、環境団体「グリーンピース」による執拗な攻撃です。


・CO2排出が多くて息苦しい
・エコを謳うVWだけど、洗脳に近い
といったメッセージなんでしょうねぇ。
“本当はもっと燃費が良いモデルを作れるのに、作らないのはなぜだっ!”と怒り心頭のキャンペーンを展開中なんです。実際、ベルリンでの発表会には、会場前に50名ほどの活動家が集まってデモをしていたそうです。ロイター通信のインタビューには「VWゴルフはCセグメントのリーダーで向こう10年のカタチを作る車であるはず」とグリーンピースのヴォルフガング・ローベックは答えているようです。何が問題なのか?それは欧州主力モデルの燃費が4.9l/100㎞ですが、ホントは3l/100kmを投入すべき(技術もあるのにわざと投入していない、と指摘)、との訴えなんです。一応、ディーゼルモデルには3.2l/100kmっていう車両もあるんですが・・・。
vwdarkside_com.jpg
グリーンピースの言わんとすることも分からなくはありませんが、ここまでネガティブ・キャンペーンを展開する必要性が理解できません。VWが大企業で社会的責任を背負っていることは、自他ともに認めるところでしょう。かといって、私的企業が利益を追求するのも株主に対して負っている責務です。「EVが投入されるのは分かっているが、ボリュームセラーで取り組まないのはオカシイ」とも訴えているようです。建前ばかりを振りかざす環境団体・・・、やっぱりボクは好きじゃありません(笑)。
消費者が本当にVWの環境への取り組みを評価せずVWブランドを支持しないなら、不買運動をすることなく車は売れなくなるでしょう。なーんか、やっぱり環境団体というよりも、協賛金狙いの圧力団体と化しているように思えてきます・・・。まったくの憶測ですが、7代目ゴルフのライフスパンにおいてグリーンピースが訴えるような低燃費モデルの追加、スポーティモデルの追加なども計画されていると思うんですがねぇ。発表時にいきなり手の内を見せていては、商売あがったりでしょう。
<Our Views>
Even though the brand-new 7th generation VW Golf’s basic version posts an official average fuel consumption of 4.9 lt/100 km, Greenpeace staged a protest outside the New National Gallery, where the event was taking place.
“The Golf is the car that distinguishes the segment it’s in for the next 10 years worldwide and all carmakers benchmark themselves against it”, Greenpeace’s German transportation expert Wolfgang Lohbeck told Reuters. Lohbeck said that VW has the technology to produce a version with a 3.0 lt/100 km average consumption, yet it doesn’t.
Ammmm… the Blue Motion diesel has an average fuel consumption of just 3.2 lt/100 km. Why is Greenpeace so angry… Did they not get enough sponsorship from VW?
http://vwdarkside.com/

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ, 新車情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルノーラグナクーペ誕生

詳しくはコチラ

14年落ちの新車150台絶賛販売中!

一時期、「日本車キラー」と呼ばれた小型&格安車、クライスラー・ネオンです。なんと14年落ちの新車150台がシンガポールから出品されているようです。ARETE TRADINGという会社なんですが、主に中 …

フェラーリエンツォ後継車はV8ツインターボ

イギリスの自動車雑誌、AUTOCARがフェラーリCEO・アメデオ・フェリーザを取材したそうです。 そのインタビューで明らかになったのが ・カーボンファイバーは限定車での使用にとどめる (万が一、ダメー …

BMW7シリーズに6気筒モデル復活

ドイツ勢はCO2排出削減に取り組むにあたって、独自のスタンスを打ち出しています。 それはターボチャージャーやスーパーチャージャーの採用することで、 エンジンの排気量をダウンサイジングする、という手法。 …

no image

結局、スパイカーがサーブを買収

ゴタゴタしましたけど、GMによるサーブ売却が決まりました。 ケーニグゼグとの買収交渉は失敗し、昨年末にはスパイカーとの交渉もいったん決裂。 そこでF1界のドン、バーニー・エクレストンを含むいくつかの投 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー