CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ピンツガウアーに初めてお目にかかりました!

投稿日:

IMG_8900_R.JPG
この写真を見て「ピンツガウアーじゃん!」と言える人は相当な通ですね。
恥ずかしながら・・・、ボクは初めてお目にかかりました。
なんとなくM・ベンツGクラスっぽいドアだなぁ、と感じた次第です。
IMG_8908_R.JPG
ピンツガウアーという車・・・、只者ではありません。写真のものは4WDですが、6WDも
フツーに存在するそうです。っで、誰が何のために作ったのか、ですって?
「シュタイヤー・ダイムラー・プフ」が製造していた、軍用メインの多目的装甲車なんです。
ごっついドライブシャフトを見れば、なんとなく頷けることでしょう。
IMG_8906_R.JPG
この会社、M・ベンツGクラスの製造を手がける会社でもありますっ。
第一印象って・・・、意外に当たるもんですね(笑)。
IMG_8903_R.JPG
1969年にプロトタイプが登場し、1971年に生産を開始したそうです。
軍用車として採用している国はオーストリア、スイス、イギリス、サウジアラビア、タイ、
アルバニア、オリビアなど。タフなだけでなく、整備性に富んでいることで有名なんですって。
牽引能力は舗装路で5トン、オフロードで1.5トン。満タン時の航続距離は400kmで、
オプションの125lタンクで700kmだそうです。
IMG_8901_R.JPG
チョロっと乗せてもらった、ピンツガウアーはディーゼルターボ+4速ATでしたので後期型です。
恐らく90年代でしょうか?排気量、すいません分かりません。速い・・・、わけありません。
オフロードをガンガンどこまでも走るための車ですから。4輪独立懸架式サスペンション、
もうオフロードでは威力を発揮しそうな雰囲気たっぷりでした。
IMG_8904_R.JPG
2000年にピンツガウアーの権利は、シュタイヤー・ダイムラー・プフを買収したマグナ社に
よってオートモーティブ・テクニック社(イギリス)へ売却。2005年にスチュワート&
スティーブンソン・サービス社(イギリス)、2006年にアーマー・ホールディングスの
子会社になり、2007年にはアーマー・ホールディングスがBAE社(イギリスの戦闘機メーカー)に
買収された、という複雑な流れになっています。ピンツガウアーの後継車開発はイギリスで
行われ、南アフリカにあるBAE社の子会社、ベノーニ社(南アフリカ)での生産を検討した
ようですが、実現には至っていません。
IMG_8907_R.JPG
この車、映画「マイティソー」に登場しましたね。
映画に登場した車ばかりを収めた、那須のPSガレージで展示されるかもしれません。
なんせ、那須のPSガレージを取材した際、駐車場で出会した車ですから。
Our View
This was my first encounter with Pinzgauer.
I never knew of this car before but immediately fell in love.
Here are some photos. Enjoy!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語力アップと車好きのためのゲーム

自動車メーカーのロゴを入力するゲームです。 意外や意外、スペルって難しいもんです。 プジョー、ルノー、大変です(笑)。 個人的にはポンティアックとフィアットのロゴが、思い出せなかったです。 ゲームにト …

ランボルギーニ・ガヤルドと勝負したらんかい

世間の自動車ニュースはパリサロンのコンセプトカーだらけ。 ランボルギーニのセスト・エレメント・コンセプトだの、ポルシェ911スピードスターだの、 アウディ・クワトロ・コンセプトだの、BMW6シリーズ・ …

no image

レクサスLF-A、燃えた!!

ニュルブルクリンク24時間に参戦中のレクサスLF-Aが燃えた、というビデオです。 いやぁ、大した内容ではありませんが、プロモーション中には痛い・・・。 そういえば三菱ふそう問題の頃、しょっちゅうー三菱 …

次期M・ベンツMクラスがテスト中に事故

23日、早朝、アウトバーンをテスト走行中だった次期Mクラス、 前方に停車していた車を見落とし、突っ込んだようです。 停車中の車はトラブルが発生していたようで、ガードレールに接触したようです。 後続の2 …

no image

女優が新型ジャガーXKのデザインモチーフ

日本での売れ行きはイマイチのジャガー。 それでもごく一部のお金持ちには、愛され続けている。 なかでもパーソナル感と高級感を兼ね備えた、クーペ/コンバーチブルであるXKシリーズは問答無用に美しい。躍動感 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー